能登七尾、重伝建地区黒島
蒲原宿まちなみの会の視察。
今年から旧五十嵐邸を考える会と合同の視察です。
行き先は能登半島七尾市一本杉通りと重要伝統的建造物群保存地区黒島。
紅一点ならぬ、黒一点状態でしたが、ご一緒させてもらいました。

七尾の一本杉通りは、花嫁のれんでご存じの方かも多いかもしれません。
ここでのまちづくりの活動は、蒲原と似ていることもあって今回の視察先に選んだとのこと。
こういう視察先を選ぶセンスが好きです。

e0102445_18182742.jpge0102445_18184470.jpg
e0102445_18263345.jpge0102445_1827023.jpg
e0102445_1828560.jpge0102445_18282126.jpg
一本杉通りについては、こちらをご覧下さい。>>>


重要伝統的建造物群保存地区黒島は能登輪島市。
平成21年に選定されたばかり。
観光地化されることなく、暮らしがそのまま受け継がれ、残されていました。
e0102445_18295989.jpge0102445_18303240.jpg

e0102445_1831078.jpge0102445_18311596.jpg

e0102445_18314441.jpge0102445_1832117.jpg


突然の訪問にもかかわらず、丁寧にまちを案内して頂きました。
まちをたいせつにしている姿が伝わります。
こちらも詳しい紹介は、こちらをご覧下さい。>>> (石)
by ZZZIYUU | 2011-07-14 18:10 | まちなみまちづくり | Comments(0)
<< 但し書き申請 ラジオゾンデ >>