旧五十嵐邸物語 Ⅱ(第二章)
e0102445_1317126.jpg

昨日、旧五十嵐邸12周年、記念誌発行祝賀会にご招待して頂きました。
記念誌とは、写真にあるピンクの「旧五十嵐邸物語Ⅱ(第二章)」
(ブルーの冊子は「旧五十嵐邸物語(第一章)」)
第一章は修復の課程をまとめたもので、竣工時に発行しました。
それから12年、活動の記録をまとめた第二章が、考える会のみなさんの手で製作、完成しました。

文化財を「守り」、そして「活用」していくことは、実は、とても難しいことだと言われています。
それをいとも簡単に…ではないですが、苦労を感じさせない、とても楽しく、魅力的で、幸せな活動を続けてきています。

個人的なことですが、旧五十嵐邸の修復が、僕にとって、古い建物に係わる最初の出会いでした。
その後は会の活動のアドバイザーなんて肩書きを頂いていましたが、共に成長する、いやいや、育ててもらったといった方が良いかもしれません。
現在の僕の設計の基本となるところ、旧五十嵐邸を通して、学んだように思います。
おめでとうございます。(石)


追記:
「旧五十嵐邸物語(500円)」「旧五十嵐邸物語Ⅱ(1,000円)」いずれも旧五十嵐邸で販売されています。
by zzziyuu | 2011-10-24 19:52 | まちなみまちづくり | Comments(0)
<< やきいも 七間町の映画館 >>