しずおか町並みゼミ 見付宿
毎年2月に開かれる「しずおか町並みゼミ」。
県内の歴史ある町で、まちづくりを進めるグループが集まり意見交換を行うゼミです。
今年で13回目。会場は磐田市にある旧東海道見付宿。

見付宿は、20年ほど前に、商店街活性化事業で旧東海道の宿場の道幅を拡幅しました。
それまでの建物も、全て新しく建替えています。

e0102445_16172873.jpg
e0102445_1645844.jpge0102445_1651639.jpg
古い絵葉書                                   現在の宿場

新しい宿場は、歴史や地域性を感じることはなく、「どこにでもあるようなまち」でした。
けれど、まちづくりを続ける「見付宿を考える会」の案内で、街道から一歩入って、まちを歩いていくと、
江戸だけではなく、中世から続く歴史の積み重ねが続くまちであることが分かります。
いつもの時代も、この場所が中心だったことが分かります。
e0102445_16225394.jpge0102445_1684136.jpg

e0102445_1685647.jpge0102445_16294533.jpg

e0102445_1692449.jpge0102445_1694336.jpg

東大の西村先生の講演も面白かったです。
先生が学生の頃、自身で見付宿を選んで自腹で調査をしていたこと。
その当時見付宿に来る前考えたこと、来て考えたこと、そして今考えること…。
まちは変わるし、生きていると…。
新しく変えていけばいいと…。

e0102445_16101886.jpg

ワークショップ
参加した県内でまちづくりに関わる様々団体のメンバーがグループになって意見交換しながら、
見付宿への提言をまとめていきます。

e0102445_1610352.jpg

最後はまちづくり宣言をみなでまとめました。
「歴史と未来を“えんじ(演じ)”でつなぐ見付宿」
これまで続いてきたまちの歴史を次の世代につなげていこうと。
えんじは会のメンバーが着ていた法被(はっぴ)の色をかけて。

追記:
正直、失った街道沿いの町並みは、とても残念に思いました。
当時の時代背景等を踏まえれば、その時の選択を否定することできません。
私もその時その場いれば、新しい近代化された商店街を夢見たかもしれません。

その時夢見た商店街は、実現した今、まだ、魅力的には見えません。
街道沿いは、何百年続いた歴史を0にしてスタートです。
歴史を0にしてしまった街道を歩いて感じたのは、拠りどころのない場所は、心が落ち着かないかなぁと。
けれど「見付宿を考える会」の活動は、これからの進む方向、歴史を刻む方向を示してくれているように思いました。
応援します!
by zzziyuu | 2017-02-05 16:30 | まちなみまちづくり | Comments(0)
<< 人生フルーツ 耐震等級3のすすめ >>