静岡おでんと平良さん、喜一さん、畑さん‥
今年の七夕に開催した仲間たち展の追加取材で、先週末、住宅建築の編集長平良さん、波多野さん、建築塾の喜一さん、写真家の畑さんたちが静岡にこられました。
実際に住宅も見てもらいましたが、静岡おでんの方が、印象が強かったかもしれない‥‥。
それから、喜一さんのブログとても魅力的なので紹介します。(石)

e0102445_19155684.jpge0102445_1916580.jpg

静岡おでんとてもおいしかったです(^-^)。
飲んだ席で平良さんと畑さんに語って頂いた建築論を、せっかくなので書き残そうと思います。酔っ払いながらメモしたので、足りない部分も多いのですがお許し下さい。(鍋)

[日本の家について]
 最近の日本において本当に和風の住宅というものが少なくなってきている。住み手の「住まい方」が替わったことで住宅から縁側や土間がなくなり、観光で日本の伝統的建物を見に行くことはあっても、帰る家はマンションや洋風の間取りの家なのだ。設計者も、日本の伝統建築を大事にするばかりではローカリズムに陥る、ローカリズムの中にも不変的なものを求めることが大事であり、そうすることが日本の伝統建築をグローバルにすることに繋がるのではないだろうか。(平良)

[施主の「住まい方」が大事] 
 施主は、設計者がつくった建物に住まうということを考えてほしい。住まい方次第で、その建物の良し悪しが決まるといってもよい。(平良)

[設計者の自邸]
 僕が一番楽しみにしているのは、若い設計士が自邸を建てること。自邸ではいろいろな冒険や実験的な試みをするであろう。その若くお金が無いときに建てた家に30~40年住み続けている建築家はきっと本物である。(畑)
by zzziyuu | 2006-10-30 13:26 | 静岡建築/家づくり展 | Comments(5)
Commented by こばたま at 2006-10-31 05:22 x
こんにちは、石田さん、お世話になっています。素敵な仲間がいていいですね〜。石田さんの人柄からかなあ。
今のお仕事、ボランティアなのかなぁ、と想像してしまいます。
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
P.S. 鍋田さん、ジュリアンがおねえさんに会いたいらしいです。
毎回面倒みていただいてありがとうございました。
Commented by たちばな at 2006-10-31 13:02 x
先日は飲み会たのしかったですね。
喜一さんのブログでも酔っぱらっている私。。。ここでも。

二日酔いの次の日蒲原へ行って、
久々にエネルギッシュな活動に出会いました。
蒲原の方々、すごく楽しそうで笑顔で、素敵でした。


Commented by zzziyuu at 2006-10-31 18:03
こばたまさん、ありがとうございます。
完成したら、みんなでパーティしたいですねぇ。がんばりましょう。
それから、お仕事、ボランティアではないでよ。心配しないで下さい。
追伸:サッシの色、すみませんでした。
Commented by zzziyuu at 2006-10-31 18:08
たちばなさん、そういえば、飲みの席でのごいっしょが多いですね。
仲間たち展も飲みながらがんばりましょう。
Commented by nabe at 2006-11-01 10:28 x
こばたまさん、遅くなりましたが上棟おめでとうございます。完成まであと少しです!みんなでがんばりましょう。
ジュラちゃんは、まだ小さいのに打ち合わせ中、毎回おとなしく遊んでくれて、私にとっても楽しい時間でした(^^)こちらこそ遊んでくれてありがとう、と言いたいです。
<< 「旧五十嵐邸を考える会」NPO... みかん >>