1年点検と住まいの文化賞

e0102445_20153091.jpge0102445_20154157.jpg
先週、ちょうど1年点検で長泉の家を訪ねました。

昨日紹介した“しずおかMOKUネット”の協力を得ながら、地元、富士山麓でとれた檜を土台、柱、梁といった構造材に利用した住宅です。床や壁の仕上げも自然素材を使用したため、クラックは入っていましたが、その気持ちよさは変わっていませんでした。とても丁寧に住んでくれていて、玄関周りをはじめ草花が増えていたり、気に入った家具がそろえられたりしていくと、だんだん住まい手の家になっているなぁと感じます。

実は、昨日、静岡県の住まいの文化賞の二次審査が長泉の家で行われました。10名を越える審査委員の方々が訪れ、いろいろな視点からこの家を見ていかれました。家は住んでいる人の様々な事情が背景にあるので、本来、簡単に評価されるものではないと思いますが、家づくりの楽しさや取り組みを紹介できればと思い、応募しました。(石)

e0102445_20873.jpge0102445_2082186.jpge0102445_208347.jpg
by zzziyuu | 2006-11-10 20:36 | 家づくり | Comments(1)
Commented by zzziyuu at 2006-11-11 19:49
こういうコメントを頂くと、この仕事をしていてよかったなぁーと思います。
こちらこそ、ありがとうございました。
また、これからもよろしくお願いいたします。
<< 解体工事 木の家づくり(地域材の利用) >>