三溪園と中華街
先週末、旧五十嵐邸を考える会の視察に同行させてもらいました。
会のメンバーは、旧五十嵐邸をもっともっと広くみんなに利用してもらおうと、研修を重ねています。行政やコンサルタントからの指示ではなく、自分たちで企画をし、勉強していきます。だから身に付くし、楽しくなっていきます。
今回は、パワフルなおばさまたちに混ざっての、紅一点ならぬ黒一点?でしたが、有意義でとても楽しい時間が過ごせました。
e0102445_15222249.jpge0102445_15223760.jpg


三溪園は、鶴翔閣(旧原邸:上記写真のメンバー後方茅葺き屋根の建物)の復元調査をお手伝いしたことがあり、その完成見学以来、7~8年ぶりでした。旧五十嵐邸の改修工事に関わる前のことで、三溪園で見たこと、触れたこと、教わったことが、その後の古い建物の再生に生きてきています。
残念なことに鶴翔閣の中には入ることができませんでしたが、会のメンバーは「また来ればいいよね。今度は貸し切って食事会を開こうかしら‥。」この元気さ、魅力です。
中華街の写真も食べることとおしゃべりに夢中で、忘れていました。
これも次回に。

e0102445_15233331.jpge0102445_15232592.jpg

三溪園内にはその他にも魅力的な建物がたくさんあります(重文10棟、市指定3棟とか)。左写真が臨春閣、写真右が聴秋閣。また、建物だけではなく庭や季節ごとの催事も魅力です。
お近くに行かれる際は、ぜひ。(石)

追伸:
旧五十嵐邸の催しもの情報
■1月17日(水)~/翠羊会の絵画展
■1月28日(日) /お楽しみ市
■2月 3日(土) /コンサートが開かれます。
2006年のサッカーワールドカップの際、チェコの国歌を歌われた方とか。
問い合わせは、旧五十嵐邸まで。
by zzziyuu | 2007-01-15 12:53 | まちなみまちづくり | Comments(5)
Commented by surugaki at 2007-01-15 13:43
三溪園は、弊社の業者会旅行で行ったことがありますが、大人数で、詳細には
見学できませんでした。今度は、少人数で伺いたいと思います。もちろん、
中華街で豚饅も食べてみたいですね。(共食いではありません。)
Commented by h_kgym at 2007-01-15 15:05
リンク先の旧五十嵐邸のHPを拝見しました。
明治~昭和初期の洋風建築って、すごく好きです。
今度休みの日に行ってみようと思います。
Commented by zzziyuu at 2007-01-15 20:15
surugakiさん、僕も何度となく三溪園には通っていたのですが、仕事だとなかなかじっくり見学できませんでした。季節ごとの催事や内部に入れる時期に合わせて行きたいですね。
Commented by zzziyuu at 2007-01-15 20:20
h_kgymさん、ぜひ訪ねてみて下さい。
2月3日(土)にはコンサートが開かれますよ。2006年のサッカーワールドカップの時、チェコの国歌を歌われた方とか。
この情報は、表に投稿しておくべきですね。
Commented by tsekkei_net at 2007-01-16 11:47
五十嵐邸にはホームページもあるのですね、イベント情報もありました
よくみると、このブログのリンク集にも旧五十嵐邸ありました。
昔訪れたとき、三溪園庭園をずいぶん歩いた記憶があります。
中華街の方が印象がつよい、私も花より団子でしょうか
<< どんどん焼き 古民家の再生 >>