民家再生とヴァナキュラリズム
2月10日(土)神楽坂建築塾で鈴木喜一さんと一緒に講師をつとめます。
依頼されたタイトルが「民家再生とヴァナキュラリズム」。

今、少し、頭をかかえています。


e0102445_17374372.jpg


ヴァナキュラ。
「風土的」とか「土着的」と訳されます。

40年ほど前ニューヨークの近代美術館で「建築家なしの建築」展が開催されました。
気候風土や文化、歴史に結びついた合理性や必要性を基に形づくられた集落や建築を、「建築
家なしの建築」として紹介されました。
建築家などの専門家が関わらず、その地域の人々が時間をかけながら、その風土にあった形
や構造を工夫してきたもので、それはとても美しいものです。

ヴァナキュラな建物は、建物の原点のようなものかもしれません。


e0102445_17524136.jpge0102445_17525073.jpg
e0102445_17531817.jpge0102445_1753262.jpg

その冒頭で「風土的な建築は流行の変化に関わりがない。それは完全に目的にかなっている
のでほとんど不変であり、まったく改善の余地がないのである。」

民家再生だけではなく、新しい設計にも通じるところだと思います。
塾生達に伝わるものになれば良いのですが‥。

あと1週間‥‥。(石)
by zzziyuu | 2007-02-04 18:08 | 古民家再生・リフォーム | Comments(6)
Commented by h_kgym at 2007-02-05 08:21
先日、神楽坂を散歩しました。
その時「神楽坂建築塾」はちょっと気になっていたんですよ。
あそこで講師をやるんですか。
凄いな~。
Commented by zzziyuu at 2007-02-05 18:17
神楽坂いいですよね。
最近ドラマの舞台にもなってますよね。
講師は引き受けてみたものの、たいへんですね。
頑張ってみます。

Commented by surugaki at 2007-02-05 19:43
先日、丸谷さんが、静岡で講演されましたが「建築士が出来てから、町並みから
美しさが消えた。」とお話されました。少し、耳が痛くなりました。頑張ってくださいね。
でも、講師が一番勉強になりますね。講演を録音してほしいです。・・・聞き回し
できると良いですね。きっと、早津さんから講演依頼が来ますよ。(要注意)
Commented by zzziyuu at 2007-02-05 21:39
確かに勉強になりますね。
日頃ちゃんとしていないので、いざとなると、たいへんです。
あと5日‥‥。
いや、まだ5日‥‥。
Commented by toki at 2007-02-07 18:56 x
楽しみにしてます。
Commented by zzziyuu at 2007-02-07 20:48
ご期待に添えるようにします。
まだ、3日ありますし‥‥。
<< ジャズ 進捗状況 >>