旧エンバーソン住宅
昨日「静岡民家の会」に参加させてもらい、
静岡市の登録有形文化財である旧エンバーソン住宅の見学に行ってきました。

旧エンバーソン住宅は、カナダからキリスト教伝道のため派遣されたロバート・エンバーソン師の自邸として、明治37年創建。昭和61年に静岡市西草深から移築されました。創建当時は西洋建築が日本に入り始めたころで、日本の大工さん達が西洋の建築様式を学んで建てたもの。小屋組も和小屋ではなくトラス式、天井高も3,5mと大きい・・・しかし屋根は桟瓦葺き、建具も引戸があったり・・・と和洋折衷。図面を見せてもらうと、木材は床板から壁板、手摺、便座まですべて栂(ツガ)でつくられていました(驚)。

e0102445_17491558.jpge0102445_17492499.jpg
いまは、土日祝日のみの開館(9:00~16:30)。
「旧エンバーソン邸を愛する会」の皆さんによって、コンサートなどのイベントも開かれています。
場所は日本平動物園の裏。いまなら、静岡の昭和ロマンの洋館写真を公開しているそうです(鍋)。

旧エンバーソン住宅(TEL 054-221-1477)
by zzziyuu | 2007-06-04 18:33 |  ・すてきな建物 | Comments(0)
<< 柴垣(鶯垣) 虹 >>