地震被災建築物応急危険度判定士
今日は、地震被災建築物応急危険度判定士の講習会。
判定士は地震が発生した際に、被災した建物の危険性を判定して、余震等の二次的な災害を防ぐようにしていきます。
鍋田が新規、僕が5年ごとの更新の講習会。
更新の講習会では、応急補強方法の講習も含まれます。
木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、よう壁…。
e0102445_19532895.jpg

こういう判定士の出番がないようにしていきたいですね。(石)
by zzziyuu | 2007-12-20 19:53 | もろもろ | Comments(0)
<< もうひといき いろはにほへと、ちりぬるを、わ... >>