ちいさいおうち
e0102445_20282557.jpg曳き家の記事のガドガドさんの書き込みで、思い出しました。

古い建物の再生をするようになった頃、手にした絵本。

のどかないなかに建てられた“ちいさいおうち”のお話しです。
だんだんまわりは、道路ができ、鉄道ができ、人が集まり、ビルが建ちならぶ大都会に変わっていきます。
“ちいさいおうち”は住む人もいなくなり、誰にも気づかれなくなってしまいます。

ところが、あるとき子どもをつれた女のひとが、“ちいさいおうち”の前でふと立ち止まるところから、すてきなことがおこります。



e0102445_202941.jpge0102445_18575291.jpge0102445_2029257.jpg


最後に「いなかは、なにもかもが、たいへん、しずかでした。」と結びます。
たいせつなものって何だろうなんて、大人になってから読んでみても、考えさせられてしまう絵本です。(石)
by zzziyuu | 2008-06-01 23:14 |  ・すてきな本 | Comments(2)
Commented by 現場監督 at 2008-06-30 23:46 x
お兄さん 頑張ってますねぇ ご無沙汰しております
この本 昔々 我が家にも有った様な気がする
七夕に神楽坂ですか 今年こそはお伺いしたいなぁ
Commented by zzziyuu at 2008-07-01 23:35
ごぶさたです。変わりないですか。
都合がつけば、遊びにきて下さい。
<< いっしょに大きくなって 建具が帰ってきた >>