いえのなまえ
自由工房では、完成した“家”に名前を付けて、HPや雑誌などで紹介しています。
その家の特徴を表すような名前がつられるといいのですが、なかなか難しい。
逆に、つけた名前のイメージが先行してしまうのも困るし…。
建て主さんのお名前ですと、直接的過ぎるし…。
自由工房1号、2号とか、静岡の家No.1、No.2とかでもいいのですが、ちょっと味気ないような…。

そこで、建てられた場所の名称をつけて「かんばらのいえ」のようにしていましたが、数が増えてくるとかぶってしまいます。
なかには、場所の名前から探して訪ねて行ってしまう人もいて、ご迷惑をおかけしたことも。

最近ちょっと思いついたことがあって、お子さんのお名前をもじって“家”の名前にしてみようかと。

で、「たごのいえ」を「かずのいえ」に変えてみます。
他の人たちからするとどうってことないんでしょうけど、こちらの方がしっくりします。(石)
by zzziyuu | 2009-03-04 12:01 | 物語:かずのいえ | Comments(0)
<< 桐生、真壁視察 大工工事も >>