カテゴリ:物語:ゆずのいえ( 12 )
撮影
e0102445_9394012.jpg

昨日、ゆずのいえの竣工写真をアトリエRの畑さんに撮ってもらいました。

構図を決め、庭の柿の木の葉っぱやみかんを取ってテーブルに添え、食器をそっと置いて…。
写真を撮るというより、絵を描くような感じです。
畑さんが撮ると、建物がとても優しくなります。


できあがりが楽しみです。(石)
by zzziyuu | 2008-12-16 08:54 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
灯りが灯ると
e0102445_1621510.jpg

来週、引き渡し予定です。
中では、建具の取り付け、塗装工事、設備機器の取り付けなど、最後の追い込みです。

灯りが灯りました。
フッと息を吹き返したような感じです。(石)
by zzziyuu | 2008-11-28 22:20 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
もうすぐ収穫
e0102445_13342542.jpg
「ゆずのいえ」のまわりでは、おこめの穂がたわわに実って黄金色。
部屋のなかから、窓のそとを見ると、そのうつくしさに言葉がでないくらい。
もうすぐ収穫の時期・・・。
この風景が見られなくなるのはさみしいですが、おいしいお米がとれそうですね。(鍋)
by zzziyuu | 2008-09-27 13:44 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
床板
e0102445_18454045.jpg
スギの天井をはり終え、大工さんが床板をはっているところ。

床板はヒノキ。つやつやの白木がうつくしい。

ヒノキもヤニがでるそうで、丁寧に拭きながらはってくれています。(鍋)
by zzziyuu | 2008-09-11 18:52 | 物語:ゆずのいえ | Comments(2)
中間地点
e0102445_17545657.jpg

夏もそろそろ終わりかな・・・とおもっていましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
田んぼの稲穂もよく実って、あおあおとして美しい。
「ゆずのいえ」はちょうど田植えの季節に地鎮祭をしたので、かれこれ3ヶ月。
ハウスメーカーならもう出来上がっているころかしら・・・。
わたしたちの家づくりはまだまだこれから、中間地点ぐらい。ゆっくりでも丁寧な仕事をしてもらいたい。
これから外壁・床・壁とつくっていきます。お楽しみに。(鍋)
by zzziyuu | 2008-09-03 18:16 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
いぶし瓦
e0102445_13292514.jpg

今週「柚の家」に行ってきました。
照りつける太陽のした、職人さんが瓦を1枚1枚屋根に敷いていました。斜めから見る瓦の配列がうつくしい。

瓦は三州のいぶし瓦。愛知県西三河地方で生産されている粘土瓦を三州瓦とよぶそうです。
むかしからお城やお寺、民家に使われてきた瓦です。
大工さんたちも「この瓦つかっているのは、このへんじゃここだけだよー」と嬉しそう。

今週中には瓦を敷き終わるそうです。完成がたのしみです。(鍋)
by zzziyuu | 2008-07-24 13:51 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
母屋(おもや)が戻ってきた
e0102445_17212648.jpge0102445_17213711.jpg

5月23日に母屋を曳き家して、その後更地になった敷地に基礎工事をして、今日、もとの場所に戻しました。
左の写真が昨日の朝の曳き家直前。
右が今朝の状況。母屋を土台に据え付けるため、柱のほぞを加工しているところです。
先ほど現場から電話で「無事据え付け完了し、柱や梁の水平、垂直もシャキとしたよ」とのこと。


たぶん、今日の完了した姿だけを見れば、母屋は、なにごともなかったように建っているんだと思います。
職人さん達の技は、見る人が見れば分かる。
そういうものかもしれないですね。(石)
by zzziyuu | 2008-07-03 17:22 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
どんよりとしたコンクリート打ち日和
e0102445_15555562.jpg
お天気は梅雨のどんよりとした曇空。
でも、コンクリートを打設するには、なかなかの日です。

水とセメント、砂利、砂を練り合わせたコンクリートは、水和反応をして硬化していきます。
そのため、適切な温度と湿度が必要になります。
寒いと凍結したり、暑いと早く乾燥してしまったり、大雨の日は水分の量が変わってしまうなど、想定している強いコンクリートにならなくなります。
そういう時は、いろいろな手立てが必要になります。

そんな訳で、今日のようなどんよりした曇りの日は、コンクリートの硬化にとって、とても良い日になります。(石)
by zzziyuu | 2008-06-20 15:53 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
地鎮祭
e0102445_17443167.jpg

晴れわたる青空のした、ゆずのいえの地鎮祭がおこなわれました。
おなじ敷地内の田植えも無事おわったそうで、みなさん晴れやかな顔。
田んぼには鴨が遊びにきてほのぼのしてました。

もともと家があった場所に注連縄(しめなわ)をはって、土地のかみさまに工事の報告と安全をお祈りしました。増改築の場合、地鎮祭はやらないことが多いのですが、これはこれでひとつの区切りがつくようですがすがしい気持ちになりました。(鍋)
by zzziyuu | 2008-05-26 18:08 | 物語:ゆずのいえ | Comments(0)
曳き家(ひきや)
e0102445_1314278.jpg 今週、ゆずのいえの曳き家がおこなわれました。

16mほど西へ、家を動かします。
曳き家を専門とするサクラ組、若い職員さんから最年長は83歳(!)まで総勢15~16名、いきをあわせて声をかけながら動かします。

左の写真のように、家のはしとはしにワイヤーを2本Y字にかけ、手動で引っ張ります。「そろばんコロ」と呼ばれる小さな車を土台の下に何個も置き、線路のように組まれた丸太にひかれた鉄のレールの上を車が移動。どの車がはずれてもだめなので、一人2~3カ所受け持ち確認します。家が動くとともに鉄のレールを後ろから前へ手動で移動・・・。むかしがらずっと続けてきたやり方なんだと思います。
途中なんどか中断しましたが、無事曳きおわりました。
みなさまお疲れさまでした。
 

e0102445_13141885.jpge0102445_13142916.jpg
 
晴れわたる空の下、大勢の職人さんによって16mも家が移動する光景に、近所のおばちゃんも学校から帰る小学生もみんな立ち止まって見学。飼っている猫くんも、家があった場所でうろうろ・・・。あたらしい基礎は出来上がったら、もとの位置にもどってくるからね。(鍋)
by zzziyuu | 2008-05-23 13:43 | 物語:ゆずのいえ | Comments(2)