<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
復帰してました
e0102445_14401557.jpg
ごぶさたしております。
産休・育休を経て早1年が経ちました。

いきなり3人の子持ちになったのではなく、
写真は姪っ子と娘のスリーショット。
1年とは早いものですね。娘も大きくなりました。

今年の1月から自由工房に復帰しています。
また、よろしくお願いします。(鍋田)
by zzziyuu | 2011-03-31 14:26 | もろもろ | Comments(3)
お引き渡し、完成見学会、そして引越…
e0102445_2224472.jpg
・1階2階洗面器
・食洗機
・食卓ペンダント
・塗装手直し
・左官手直し
・同一キーをはじめとする建具工事
・外部デッキ
・外構工事
 等々

未施工部分です。
震災の影響が少し…。

そんななかでの、お引き渡し、完成見学会、引越、…。

「こんな時ですから…」と、はるのいえの建て主さん。


少し、ご迷惑お掛けします。

ありがとう。(石)
by zzziyuu | 2011-03-27 22:24 | 物語:はるちえのいえ | Comments(0)
東北地方太平洋沖地震 被災者支援チーム「SAVE IWATE」
いつも楽しい、まちづくりメールを送ってくれる県職員のMさんのメールから、
東北地方太平洋沖地震 被災者支援チーム「SAVE IWATE」 のこと、
そして地域まちづくり研究所のスタッフが支援物資をSAVE IWATE に届けに行くことを知りました。

まずは自転車、バイク、そして静岡おでん(レトルト)などが必要なよう。
自転車、バイクなど、地域まちづくり研究所まで届けることができるものがあれば、ご一報下さい。

地域まちづくり研究所
所在地:静岡市葵区水落町5-5
電話:054-270-6535 


追記:
「かずのいえ」や「げんのいえ」、「さくさくこうたのいえ」の現場監理で活躍した自転車を、SAVE IWATE に届けてもらえればと思っています。(石)
by zzziyuu | 2011-03-25 22:03 | 東北 | Comments(0)
東日本大震災被災地支援チャリティー展
ぎゃらりぃ金木犀から、チャリティー展のお知らせが届きました。
来週末4月1日(金)、2日(土)、3日(日)です。

ぜひ、お出かけ下さい。


e0102445_13313834.jpge0102445_13315011.jpg
by zzziyuu | 2011-03-25 13:49 | 東北 | Comments(0)
ほどほどの明るさ、ほどほどの暖かさで…
あやのいえ」の打合せの帰り。
大船駅。
計画停電の影響で、構内や店舗の照明を暗く落としていました。
東海道線の列車内の空調も止まったまま、暖房もない状態。
e0102445_2174413.jpg

でも、ふと、「これくらいの明るさ、寒さもいいかなぁ」と。(ひと工夫は必要かもしれないけれど…。)
考えてみると、これまで明るすぎ、暖かすぎたように思います。


住宅では少し暗い感じの方が落ち着きます。
ちょっと寒い日には、一枚羽織れば良いのではないかと。

ほどほどの明るさ、ほどほどの暖かさで良いのではないかと思います。
どうでしょう。


今、誰でもできる支援の一つ「節電」ですが、
暮らしを見直す、良い機会のようにも思います。(石)
by zzziyuu | 2011-03-22 21:24 | 家づくり | Comments(0)
小さなオープンハウス(完成見学会)のお知らせ
来週末にオープンハウス(完成見学会)を予定しています。

30代のご夫妻とお子さん2人の小さな住まいです。
ブログでは、はるのいえとして、紹介しています。
リビングのほとんどがタタミ。
このタタミリビングと対面キッチンが住まいの中心、家族が集まる場所になります。
また小さな吹抜けがあり、「ひとつ屋根の下の感じ」を持ったコンパクトな住まいです。

家づくりを考えていらっしゃる方のなかには、自分たちとは少し違うかなぁと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、自由工房の設計の考え方(それぞれの建主さんにあった等身大の住まいづくり等)を知っていただく良い機会ではないかと思っています。
また、自然素材やオリジナルキッチン(3ステップシンク)、木製建具等を体感されたり、
光りや風を積極的に取り込んだパッシブデザインにも触れて頂くこともできるかと思います。

■場所:静岡市駿河区(JR安倍川駅から徒歩7~8分)
■日時:平成23年3月26日(土)13:00~17:00、27日(日)9:00~15:00

なお、予約制としていますので、自由工房にご希望の時間帯をお知らせ下さい。
調整をして、案内図といっしょに連絡を致します。
ぜひ、ご参加下さい。

連絡はこちらのアドレス(web1@ziyuu.co.jp)
もしくは054-254-9280までお願い致します。


追記:
小さなな住まいで、時間や場所も限られています。
家づくりを考えていらっしゃる方のみの、小さな見学会とさせて下さい。
by zzziyuu | 2011-03-18 12:53 | 家づくり | Comments(0)
新しいアドレスで、メッセージが更新されています。
http://prayforjapan.jp/message/
by zzziyuu | 2011-03-17 16:38 | 東北 | Comments(2)
こんな時だからこそ、…
こんなサイトを知りました。

http://prayforjapan.jp/tweet.html


日本人って凄い。
温かく、誇りに思いました。

頑張れる!



胸が熱くなって… (石)
by zzziyuu | 2011-03-14 14:45 | 東北 | Comments(5)
東日本大地震
東京赤坂でパッシブデザインのワークショップに参加中に遭遇しました。
ゆっくりした揺れで、参加者みんなが机の下に身を隠しました。
ビルの非常警報が鳴りひびく中、外に非難。
余震でも、鉄骨造のビルが大きく左右に揺れたり、
工事中のビル屋上のクレーンが今にもはずれそうになる姿には、ゾッとしました。

e0102445_151236.jpg

その後、徒歩で東京駅に。
交通機関がほとんど動く様子がなかったので、宿泊先を探しましたが、どこも満室。
携帯がつながらないなかでの、徒歩での宿泊探しも限界があり、ホテルのロビーで待避。
ホテルでは、休憩する暖かい場所や椅子、水などの提供してくれて、ほんとうに助かりました。
9時ごろ、新幹線の運転が少しずつ再開されていることを知り、深夜、自宅に戻ることができました。

e0102445_1534078.jpg

東京では、誰もが、冷静でした。
パニックになることもなく、落ち着いて、そして協力的でした。

また、東京にいると静岡の情報は入手しづらく、静岡でもゆれがひどく、
非難勧告がでていたり、JRなども運手を見合わせたままであることを後から知りました。
そして、TVから伝わる被災地の情報をみると、その被害の大きさに、言葉がなくなります…。
ただただ、無事を、こころから祈るだけです。(石)

追記:
携帯はつながりませんでしたが、スマートフォンのメール、インターネットやマップ機能には助けられました。
ただ、充電容量がもうちょっとあってくれたらと…。
by zzziyuu | 2011-03-12 15:03 | 東北 | Comments(0)
笑顔の地鎮祭
e0102445_20403523.jpg

神主さんの笑顔が素敵でした。
みんな、ニコニコ。
幸せな気持ちが一杯になります。(石)
by zzziyuu | 2011-03-05 20:42 | 物語:ひびきせいたはうす | Comments(0)