<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
PRAY FOR JAPAN
e0102445_21244821.jpg

震災直後、ざわざわしてしていた気持ちを落ち着かせてくれたサイト(pray for japan)。
本になりました。(石)
by zzziyuu | 2011-04-27 21:25 | 東北 | Comments(0)
木材検査
e0102445_2324495.jpg


担当してくれる棟梁の佐藤さんとプレカットで加工する材の木材検査。
構造的に問題がある材等のチェックと化粧材の使う向き等の打合せ。
構造的に問題ある材はありませんでしたが、節が少し気になる梁材が2本。
ちょっと無理言って、取り替えをお願いしました。(石)
by zzziyuu | 2011-04-26 23:14 | 物語:ひびきせいたはうす | Comments(2)
実施設計の取りまとめ
e0102445_20097.jpg

実施設計がまとまり、工務店に見積をお願いしました。
A3で50枚とちょっと。
枚数うんぬんより、半年間の建主さんとのやり取りの積み重ね。

少し、一区切り。
少し、ホッとしています。

予測される?減額調整、長期優良住宅申請、確認申請…。
ひとつ一つです。(石)
by zzziyuu | 2011-04-22 19:57 | 物語:あんどうのいえ | Comments(0)
基礎コンクリート打設
e0102445_20275125.jpg
多少、震災の影響もありましたが、基礎工事が予定通り終了。
震災で東北地方に工場を持つ建築材料等が不足しています。
だからと言って、工期を守るために代替え品等で対応していくのもどうかと…。

GW明けに上棟を予定しています。
構造用合板や断熱材、ユニットバスや設備機器など、まだまだ影響はありますが、日々改善されているよう。
一時はどうなるかなぁと思っていた構造用合板等の目処も立ったようです。

さあ、これから!(石)
by zzziyuu | 2011-04-20 20:36 | 物語:ひびきせいたはうす | Comments(0)
また一つ歳を重ねて
e0102445_20211515.jpg


一つ歳を重ねました。
50歳(正確にいうと+2日)。

初めての50歳。
楽しみです。


スタッフがお昼に用意してくれました。(石)
by zzziyuu | 2011-04-15 20:17 | もろもろ | Comments(0)
熊谷産業と東京駅のスレート屋根について(森まゆみさん発信+JRへの要望)
転送の転送ですが、谷根千工房の森まゆみさんからのメールが届きました。
現時点で僕にできることは、この情報を伝えることと、賛同者名簿に記名するくらいですが…。

件名: 熊谷産業と東京駅のスレート屋根について(森まゆみさん発信+JRへの要望)
みなさま
BCCでお送りします。
昨日、熊谷秋雄さんが森まゆみさんを訪ね、今回の東京駅工事で使用する予定のスレート瓦が津波被害にあったため、発注者及び施行者から工期利用に、使用できない旨告げられたとのこと。
「赤レンガの東京駅を愛する市民の会」では、スレート瓦を洗うことでの支援を含め、JR東日本に緊急要望書を提出することになりました。
賛同いただける方は、賛同者名簿に入れる肩書と名前をお送りください。
よろしくお願いします。
山本 玲子

----- Original Message -----
皆様
JR東日本への緊急要望書を添付いたします。
要望書には、賛同者名簿を添付したいと思いますので、差し支えなければ、お名前と肩書きまたは在住地名をお願いいたします。
転送は全国レベルでお願いいたします。
また、スレート洗いには、水の使える広い場所とトイレ設備が必要です。
候補地やアイデアもいただければ幸いです。
それの指揮官になってもいいという方も手を挙げていただけると助かります。
東京駅市民の会は運動24年を経て高齢化が進んでおりますので、よろしくお願いいた します。
その他、何でも・・・
では、森さんのメッセージと要望書を添付して情報を広めていただければ幸いです。
多児貞子s_tani@t.toshima.ne.jp

----- Original Message -----
みなさま
谷根千工房の森まゆみです。ご縁のある、頼りにする方達にBCCでお送りしています。

きょう、石巻市(旧北上町)で多くの文化財の茅葺きをしてきた熊谷産業社長熊谷秋雄さんが東京へ来て立ち寄ってくださいました。私の長年の町つくり仲間です。石巻市は死者2492人、行方不明2770人(7日付)と大変な被害です。熊谷さんのところは従業員は北上川で茅刈りの最中でしたが、日頃の訓練を生かしてみな無事、家族もみな無事でした。しかし家も会社もすべて失いました。

ちょうど、熊谷産業では赤煉瓦の東京駅の修復のため、屋根瓦をていねいに外して、北上に運び、使えるのと使えないのを選別して、汚れを取り、結束して東京へ持っていく直前でした。この瓦のほとんどは戦後の修復の際の登米産の良質なものです。それが津波に洗われ泥だらけになりました。しかし調べたところ、2万枚は回収が不可能でしたが、4万5千枚は洗って塩気を取ればじゅうぶん使えると熊谷さんは言います。
ところが残念なことに、JR東日本の設計部と施工会社(鹿島・清水)は工期が遅れないよう、スペインにスレートを発注すると言っているそうです。

そもそも東京駅は建築学会、建築家協会、「赤煉瓦を愛する市民の会」を始め、大正三年竣工した辰野金吾設計の建物を愛する人々によって、ひろく結集した力で保存が決まり、重要文化財にも指定されたものです。その運動に際しては登米や雄勝からも多くの署名や協力をいただきました。自分のところのスレートが東京駅に使われているというのが土地の誇りだったからです。今回,打撃を受けた当地の人たちはスペイン産のスレートに変わったとしたらどんなにがっかりなさるでしょう。反対にJRがそれでも泥のなかからよみがえった登米さんの瓦を洗って使ったらどんなに元気が出るでしょう。JRは全面広告で新幹線の復旧や東北復興に全力を注ぐといっています。高い広告料を払うより、べつのかたちで東北を支援してほしいものです。

熊谷さんは「スレート瓦を一枚に付き2000円とか、3000円とか寄付をいただき、一枚一枚に東北へのメッセージと名前を書いてもらう、それを東京駅の屋根に乗せ、集まったお金でぜひ、全壊した木村満さんの「雄勝天然スレート」の工場を再建することはできないだろうか」と相談に見えました。いまあるスレートで使えるものはとにかく使い、足りなければ雄勝のスレートを使うなり、スペインに発注するなりすればいいと思います。登米のスレートを載せた東京駅が東北復興のシンボルになる、大変素晴らしいプランだと思います。

なぜ心配かというと「雄勝天然スレート」が復興できないと、これから日本の文化財洋館は国産のスレートで葺けなくなります。登米の方は掘り尽くして天然スレートの岩盤が露出して取れるのは木村さんのところだけです。私も前にお訪ねし、戦争直後、東京駅の応急処置をした職人さんのはなしも聞きました。

熊谷さんの方はどうするの?と聞いたら、僕の方は自分でどうにかしますよ、と意気軒昂でした。でも熊谷産業も会社の形で文化財の茅葺きをしている日本で唯一の会社です。応援したいです。

今日聞いた話で情報に多少まちがいなどもあるかもしれません。でも保存に関わったものとして、自分を度外視した熊谷さんの義侠心にお味方申さないわけには参りません。JRにパイプのある方、メディアにいる方、アイディアのある方、お金のある方、どのようにでも御協力ください。何ができるかなど具体的にメールをくだされば嬉しいです。

さっき、千駄木安田邸へいって『赤煉瓦の東京駅を愛する会」の中心メンバーである多児貞子さんとも相談しました。そこにあつまった女性ボランティアたちはみんなでスレートを洗おう、スレート洗い観音を作ったら、と盛り上がりました。みなさま、いろいろの形で被災地支援されていると思います。お騒がせして申しわけありません。でもこれもはっきり顔の見える支援先であることは間違いありません。

http://www.kayabukiyane.com
http://blogs.yahoo.co.jp/akanef0118
森まゆみ
by zzziyuu | 2011-04-14 18:10 | 東北 | Comments(0)
僕らができる市民支援…
e0102445_17454168.jpge0102445_17455287.jpg

SAVE IWATEに支援物資を届けてくれた、まち研の伊藤さんの緊急報告会。

そのなかで、僕らができる市民支援について、伊藤さんの意見、いいなぁと思いました。
1.顔の見える支援(匿名ではなく有名で)
  例:支援物資に名前を書いて、相互の顔がみえるような支援が続けられれば…
2.水平の支援(同じ目線で分かりやすい相手に)
  例:PTAとPTAだったり、学校と学校、商店街と商店街、業界と業界の支援…
3.多重支援(いろいろなところで)
  例:個人をはじめ、学校、職場、活動団体、町内会などいろいろなコミュニティでの支援…



追記1:
まち研の支援活動や必要な支援などが、まち研のブログで紹介しています。
また、支援物資は、開場となったまちづくり支援センター(呉服町ミライエ、伊勢丹向かい)でも受けつけてくれるとのことです。

追記2:
乃里子さんの絵は、陸前高田市の子友地区矢の浦公民館に届けくれたことが、まち研ブログに記載されていました。(石)
by zzziyuu | 2011-04-13 17:46 | 東北 | Comments(0)
満開!
e0102445_17391255.jpg


やっと、と言う感じ。
でも、やっぱり、桜はいいですね。

どんどん、北へ届いてほしい。(石)
by zzziyuu | 2011-04-11 08:05 |  ・季節の話し | Comments(0)
模型と春のお菓子
e0102445_15494725.jpg

小嶋さんがつくった「あやのいえ」の模型、完成しました。
なかなかいいかんじです。
ちょうどおやつの時間にできあがったので、お茶を飲みながらみんなで談義しました。


春のお菓子
手前皿にあるのが、静岡の駒形神社前にある「かし和木」のいちご大福と桜餅(道明寺)。
あんが絶妙な甘さでおいしいです。(新月 でもたまに売ってます)

奥の桜の包みは、いただいた三島兎月園 の「三島ざくら」。
和とも洋とも言えて、銀の包みで包まれたなつかしいかんじのお菓子でした。なかに桜の塩漬けが入っていていい香りです。(鍋)
by zzziyuu | 2011-04-08 16:19 | 物語:あやのいえ | Comments(0)
新しい物語:あんどうのいえ
e0102445_1312551.jpg
新しい物語の紹介。
新しいといっても、既に実施設計の終盤。
物語も中盤。


もっと早く、紹介するつもりだったのですが…。

模型は、物語のはじまりのころ。
そうそう、まだ平屋でしたね。(石) 
by zzziyuu | 2011-04-07 12:56 | 物語:あんどうのいえ | Comments(0)