おすすめツアーの紹介!
なかなか、東日本大震災の被災地を訪れるきっかけがなかったです。
訪ねたいけれど、応援したいけれど、行くきっかけがなかったです。

e0102445_8355036.jpg

東日本大震災によって被災した文化遺産が、企業支援等により復旧している状況をお知らせするイベントが開催されます。
9月6日(金)シンポジウム
9月7日(土)現地ツアー
9月8日(日)オプションで被災地ツアー

7日の現地ツアーは、僕が春に蒲原の「旧五十嵐邸を考える会」のみなさんと訪ねたモニターツアーと同内容のようです。
7日のみの参加も大歓迎とのこと。
現地ツアーでは石巻市、気仙沼市において、支援をうけて復旧されつつある歴史的建造物群を見学します。
また、復旧途上にある、女川獅子舞、浪板虎舞の実演も現地において行われます。
宮城県、石巻市、気仙沼市、文化庁のご担当職員の方の案内ガイドもあります。

詳しくは、下記にお問い合わせ下さい。
マヌ都市建築研究所:三浦・和田 03-3816-4037
# by zzziyuu | 2013-08-27 22:44 | 東北 | Comments(0)
桜えびのヤママル
おいしいお店の紹介です。

e0102445_14342390.jpg 
さくらはうす(さくさくこうたのいえ)のご実家、ヤママル。
駿河湾でとれた桜えびやしらすなどのネット販売をはじめています。

僕のおすすめは「干し桜えび」と「ちりめん」。
もちろん、「生桜えび」、「生しらす」も。

HPにある「レシピ」や「町の紹介(蒲原の紹介)」も楽しいです。
ぜひ、召し上がってみて下さい。(石)

ヤママルのHPはこちら です。
# by zzziyuu | 2013-08-20 14:25 |  ・おいしいお店 | Comments(0)
花火バルコニー
安倍川近くに、新たに暮らしの場所を決めた家族の住まいの設計を進めています。
「花火が見えるバルコニーがほしい」なんてリクエストがあって…。
グーグルマップなどで花火の方向を割り出して、計画に盛り込んでいましたが、昨日、現地で確認。
家族みんなと既存住宅の屋根に登ってみました。
ご覧の通り、北側3階建て住宅の上に見事な花火が上がりました。
期待以上の眺めです!
e0102445_1942140.jpg
# by zzziyuu | 2013-07-28 19:04 | 物語:とわとわよしのいえ | Comments(0)
風立ちぬ
e0102445_165339100.jpg

午前中の建主さんとの打合せの帰りに、立ち寄りました。
いいですよ。(石)
# by zzziyuu | 2013-07-21 16:54 |  ・すてきな芸術 | Comments(0)
今年の七夕も…
静岡の建築仲間がつくる家づくり/神楽坂七夕展は、来週末からです。

e0102445_20151070.jpg


期間:7月 5日(金)~7月10日(水) 11:00~19:00    オープニングパーティは5日(金)17:00~
場所:神楽坂 アユミギャラリー

石田は5日(金)午後~7日(日)19:00までいる予定です。
お立ち寄り下さい。(石)
# by zzziyuu | 2013-06-28 20:19 | 静岡建築/家づくり展 | Comments(0)
床板が張られてきました。
厚さ30ミリの杉板。
節もボコボコあって、「きれいではないね」って言う人もいるかもしれませんが、僕は「美しいな」って思います。
現場スリッパを脱いで、建主さんと素足で歩いてみました。
いい感じ。
気持ちいい!

e0102445_21403413.jpg
# by zzziyuu | 2013-06-15 21:41 | 物語:みねみねひびきのいえ | Comments(0)
気仙沼風待ちの歴史といま、未来にふれる旅
蒲原の「旧五十嵐邸を考える会」のみなさんと気仙沼を訪ねました。
気仙沼では東日本大震災で多くの歴史的文化資源が傷つきましたが、復興に向けての取組が動き出しています。
傷ついてしまったけれど、まだ残る歴史的文化資源の活用を復興に活かす活動が進められています。
この活動を進めるのは,「気仙沼風待ち復興検討会」。
地元の建築士さんや市民、商店街の有志、市役所有志、全国の応援する専門家を中心に、
被災後も残る歴史文化資源の活用を復興に活かすために設立された会です。
気仙沼内湾地区の国登録文化財群の復興プロジェクトが進められています。
その取組の一つとして、昨年度、「気仙沼風待ちの歴史といま、未来にふれる旅」としてモニターツアーが実施されました。
一関から千厩、気仙沼の歴史文化を辿るツアー。
地元の人達の手作りで贈る旅です。
視察は、このツアーを辿る形で訪ねていきました。
e0102445_19433740.jpge0102445_1944144.jpge0102445_19442095.jpg
e0102445_19444829.jpge0102445_19453011.jpge0102445_19451342.jpg
e0102445_19454825.jpge0102445_1946394.jpge0102445_19461957.jpg

※写真をクリックすると大きな画像がになります。

このツアー、秋から本格実施の見通しがついてきたとのことでした。
ぜひ!

追記:
気仙沼の事業は、旧五十嵐邸を考える会がおこなった文化庁「NPO等による文化財建造物の管理活用事業」の採択を受けています。
事業の詳細はこちらからご覧になれます。(石)
気仙沼風待ち復興検討会:気仙沼市内湾地区の国登録文化財群の復興プロジェクト
旧五十嵐邸を考える会:東海大地震等に備えて旧蒲原宿の文化財建造物を地域で守る事業
同ワークショップの様子はこちらからご覧になれます。
# by zzziyuu | 2013-06-03 19:19 | 東北 | Comments(0)
上棟しました。
e0102445_20364873.jpg

お昼に通り雨がありましたが、お天気にも恵まれて、無事上棟しました。
ありがとうございました。

平屋です。
地面が近いです。(石)
# by zzziyuu | 2013-05-23 20:38 | 物語:きじまのいえ | Comments(2)
大谷先生を偲んで
e0102445_20379.jpg

今年1月に亡くなられた大谷先生を偲ぶ会がありました。
大学の研究室でお世話になりましたが、その後もずーっと影響を受けた建築家です。
設計された建物や書籍をたくさん残してくれました。
久しぶりに読み返してみようかと思います。


偲ぶ会で、「建築家の原点」から取り上げてくれた一文があります。

「建築は愛する人のために作るものだ。
愛とは、その人の生き方などに敬意を表することができる。
何かをしてあげたと思う。
そういうことを含んでいる。
設計したものが建ってよい建築だと喜んでもらえるとうれしい。」

「天空というものを、もう少し重視したいと考えている。
空は海や山や原野を包み込む宇宙そのもであり、私たちはそこに天体の運行の律動を感じとるることができる。
古代の人びとはこの律動を体現すべく、現世に一大秩序の体系を組み立てている。
現代にあっても、天空からの無限の啓示を受けて、より包容力のある秩序の体系を築き、なんとしても無惨な無意味な死は抑止したいものである。
日本の古来からの風俗の一つでいえば、天空は祖霊や先人達の霊が住まわれているところであり、お盆のときにお山に降りてそこから家に戻られる。
それゆえ、空もお山も、けっして汚してはいけないのである。
それが現世の生活空間を守る原則でもあった、ということを想起すべきではないだろうか。」

ほんのわずかですが、大谷先生から学ぶ機会を得ることができたたことを、うれしく思います。
残してくれた建物や書籍で、いつでも学べます。
いつでも近くに感じることができます。(石)
# by zzziyuu | 2013-05-14 20:01 |  ・すてきな建物 | Comments(0)
休日の現場
誰もいない現場。
休日なので、隣り近所からのざわざわ感もここちいいです。
e0102445_1691646.jpg


通常の現場は、確認や指示、検討などでバタバタ。
落ち着いて考えたり、整理ができるので、時々、誰もいない時に立ち寄ることがあります。(石)
# by zzziyuu | 2013-05-03 16:11 | 物語:みねみねひびきのいえ | Comments(0)
2年点検に伺いました。
土曜の午後、2年点検におじゃましまた。
木製建具やカウンター材や梁、床板等の無垢材もだいぶ安定してきたようです。
大きな手直しもなく、宿題になっていた、庭の手入れをはじめることになりました。

家族が集まるタタミリビング。
近くに住むご両親も「毎日きてる」とのこと。
e0102445_1526176.jpg
一番人気の席あたりのタタミの減り具合、人気のすごさを表しています!e0102445_15261984.jpg

# by zzziyuu | 2013-04-27 18:09 | 物語:はるちえのいえ | Comments(0)
向富山常林寺 晋山式
平成25年20・21日は常林寺の二十三世瑩道太壱和尚の晋山式でした。
新しいご住職がお寺に正式に入寺する式です。
常林寺は、本堂の耐震改修や白瀧観音堂の新築工事をお手伝いさせて頂いていました。
最初のお問い合わせを頂いたのが2003年10月。
10年を超えるお付き合いになります。

檀家総代の心から湧き出るようなのお祝いのお言葉を頂いたとき、ある意味、いろいろなことが今日のためだったような思いでした。
こういう仕事に関われたこと、とてもうれしく思います。
感謝致します。
おめでとうございます。(石)
e0102445_1564873.jpg
e0102445_1573366.jpg
# by zzziyuu | 2013-04-21 21:01 | 物語:常林寺プロジェクト | Comments(0)
木の枠材
大工さんが整理しているのは、全てアルミサッシの室内側に取り付ける無垢の木の枠材。
木目がおとなしく、狂いの少ない栂(ツガ)を選びました。
削って、磨いて、組みてて取付ていきます。(石)
e0102445_16261957.jpg
e0102445_16262891.jpg
# by zzziyuu | 2013-04-20 16:18 | 物語:みねみねひびきのいえ | Comments(0)
たくさんのおめでとうを頂きました。
スタッフや一年点検で伺ったご家族、仕事仲間や高校の同級生から…。
たくさんのおめでとうを頂きました。
facebook効果かなぁ。

ありがとうございます。

e0102445_18532371.jpg
e0102445_18535040.jpg

初めての○○歳、楽しみです。

ひびき君が描いてくれ似顔絵、さわやかですよね。
気に入っています。(石)
# by zzziyuu | 2013-04-14 18:54 | もろもろ | Comments(0)
四月の富士山
e0102445_830539.jpg
少しずつ、田植えの準備が始まっています。

土の匂いがします。(石)


※画像をクリックすると大きくなります。
# by zzziyuu | 2013-04-04 08:32 |  ・富士山 | Comments(0)
カミシマチナミさんの新コレクション展とshibuyaEKIATO
カミシマチナミさんの新作コレクション展のお知らせを頂いて、青山のお店を訪ねてきました。
こういう機会、ほとんど縁がないので…。

e0102445_22134732.jpg
お知らせをくれたのは、お店の設計をした熊工房の鶴田さん。
開店当初に訪ねて以来でしたが、木や漆喰を使ったお店は10年近く経て、いい雰囲気になっていました。
「新作コレクション」とかいうと、何か遠い世界のことのようですが、カミシマさんのは、あまり遠い感じがしなくて、居心地良かったです。



その後、東横線渋谷駅跡を利用した期間限定イベント「shibuyaEKIATO」に。
この期間は、ユニクロが活用。

e0102445_22421046.jpg

駅舎跡を活用したオルセー美術館のような可能性があるのに、もう少し、やりようがあるかなぁと…。
次のイベントに期待でしょうか。(石)
# by zzziyuu | 2013-03-31 08:11 |  ・すてきな建物 | Comments(0)
一年点検
一年。
早いですね。
一年点検に、工務店の担当者といっしょに伺いました。

e0102445_2256750.jpg

一年間の寒さ暑さを経て、木や塗り壁や建具がそったり、割れたり、すいたり…。

調整をしていきます。(石)
# by zzziyuu | 2013-03-30 23:17 | 物語:あやのいえ | Comments(0)
正倉院正倉
あこがれ建築の一つ。

誰もが知っている建築。
とても美しく、大好きな建物です。
正倉院正倉。

現在、大正2年の大改修から約100年を経て、平成の大改修が行われています。
平成23年10月にはじまり、26年10月完成予定。3年におよぶとのことです。
第3回整備工事現場公開(3月15日~17日)、訪ねてきました。
e0102445_234670.jpg
e0102445_2345457.jpg
e0102445_235545.jpg
e0102445_2364442.jpg
e0102445_237483.jpg


およそ1200年以上経た建物をまじかで触れてみたかったのと、どのように改修するか知りたくて…。
残せるものは残していく繕い方は美しく、佇まいも、やはり美しいなぁと…。(石)

追記1:
平成26年10月の完成までに第4、第5回現場公開が予定されているようです。
詳細の日程はまだ未定のようです。

追記2:
金物で固める構造補強方法には、もっと他の方法があったのではないかと…。
少し、違和感を感じてしまいました。
# by zzziyuu | 2013-03-16 10:18 |  ・すてきな建物 | Comments(0)
竣工写真の撮影におじゃましました。
完成後、一冬過ごしたころ、竣工写真の撮影におじゃましました。

子育てが終わり、第二の人生の住まい。
建物の大きさを半分にする減築。
日々の暮らしを機能的に、コンパクトに。
暮らしの中心を日当たりの良い南側に見直し。
そんな改修でした。

昨年の2月に伺って、ほぼ1年。
大阪特有のユーモアとおおらかさがあって、とても楽しい改修でした。
ありがとうございました。

少し、紹介します。(石)


e0102445_2212470.jpg
# by zzziyuu | 2013-03-15 18:55 | 物語:たかつきのいえ | Comments(0)
メーカーと設計事務所の違い…
e0102445_18391192.jpg

先週末、パッシブデザインの講習会でのスライド。
スマートハウスとパッシブハウスの比較。
でも、これ、メーカーと設計事務所、地域工務店の違いを言い当てているような気がします。
何か、的を射ているように思いますが、どうでしょう。

どちらが良いという訳ではないですが…。 (石)
# by zzziyuu | 2013-03-13 18:42 | 家づくり | Comments(0)
上棟しました!
暖かなお天気に恵まれて、6日、無事、上棟しました。

e0102445_18271054.jpg

上棟は、図面に描いていたものが、一日で、一気に形に立ち上がってきます。
大きな区切りです。
本格的な工事が続いて行きます。

職人のみなさん、ありがとうございました。(石)
# by zzziyuu | 2013-03-07 18:17 | 物語:まりこじょさんいん | Comments(2)
杉の床板
自由工房で設計をする建主さんは、床のフローリングの材料に、杉を選ぶ方が多いです。
柔らかく、暖かく、素足でさわった感じは、抜群です。
反面、柔らかいのですぐ、傷がついてしまいますが…。

この季節でも、裸足で、気持ちがいいです。

e0102445_983077.jpg

追記:
同じ記事をFacebookに載せたら、東海大学の杉本さんから次のようなコメントを頂きました。
「木は、人を守るために自ら傷つき、暮らしの記憶を刻み込みます。
そして、紫外線を吸収して人の肌を守り、次第に朽ちてゆきます。
人が木をいたわってあげれば長く付き合えます。
木はそうしたことを人に教えてくれます。」

頂いたコメントの通りですね。(石)
# by zzziyuu | 2013-03-06 09:10 | 家づくり | Comments(0)
上棟しました。
先週末、お天気にも恵まれて、無事、上棟を迎えました。
ちょうど、一区切り。
大工工事が本格的にはじまります。

e0102445_859962.jpg
e0102445_8593723.jpg
e0102445_19334041.jpg

現場は、気持ちいい、木の香りがただよいます。(石)
# by zzziyuu | 2013-03-04 19:07 | 物語:みねみねひびきのいえ | Comments(0)
懇願されて…
お母さん
「幼稚園の源くんに「貼ってくれ!」と懇願されて…」
「後で剥がしても跡が残らないようにと、粘着力の弱いテープを探しました」と。 

e0102445_21165646.jpg
 とても大切に、楽しく、暮らしてくれています。
こういうポスター類、住まいらしくていいなぁと思っています。

追記:
テープは貼っていると粘着力が増してくるので、「ひっつきむし」を送りました。
(石)
# by zzziyuu | 2013-03-01 21:07 | 物語:げんのいえ | Comments(0)
簡単に取れるカビの除去方法
自由工房では、お風呂の壁や天井によく木(ヒバ)を使います。
ただ、水洗廻りや水がかかる扉の足元などに、小さな黒カビが生えてきます。
ある意味、しかたのないことと、あきらめていました。

ネットで見つけたカビ取り除去剤を試してみたら、取れました!
驚くほど簡単に。
刷毛で塗布して、15分ほどで。
建主さんと一緒に、驚きました。

e0102445_20213011.jpge0102445_20214463.jpg

e0102445_2028985.jpge0102445_20285364.jpg
※写真をクリックすると大きくなります。

試したカビ取り除去剤の会社はプラザ・オブ・レガシー、使用剤は「カビ取り洗浄剤A2」です。
タイルや石等にも同様の効果があるとのことです。(石)
# by zzziyuu | 2013-02-27 20:23 | 木の家のお手入れ | Comments(0)
2月の富士山
e0102445_8242578.jpg

駅に向かう通勤途中。
この季節から春にかけての富士山、いいです。(石)
※画像をクリックすると、大きくなります。
# by zzziyuu | 2013-02-26 08:27 |  ・富士山 | Comments(0)
こちらも上棟間近!
上棟が続きます。
3月6日の上棟に向けて、木材の加工中。
プレカット工場で木材検査と梁材の配置決め。
e0102445_218945.jpg
e0102445_2183913.jpg

28日:土台据え
 4日:材料搬入
 5日:先行足場
順調です。(石)
# by zzziyuu | 2013-02-25 20:35 | 物語:まりこじょさんいん | Comments(0)
白隠展と林芙美子邸
週末、渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムの白隠展と新宿中井にある林芙美子邸に。

e0102445_124253.jpg
白隠展はぎゃらりぃ金木犀のブログで知って、訪ねました。

久しぶりの渋谷。
人の多さと流れの早さ、街の様変わりに、少々、浦島太郎状態…。
なかなか、たどり着けません。
以前は、こんなんじゃぁ、なかったんだけど…。

白隠展、良かったですよ。
圧倒されました。
幸せな気分になりました!


e0102445_1331041.jpg

林芙美子邸は「放浪記」「浮雲」などで知られる作家・林芙美子の自宅。
建築家山口文象の設計。
記念館になっているので、いつでも訪ねることはできるのですが、建物中に入れるのは年に数日ほど。
今回はその特別内部公開に応募して訪ねました。

ある建築家が、初めて設計を依頼された時、紹介できる実作がないので、建主さんをこの林芙美子邸に案内して「こういう建物を設計したい」とお話ししたとか。
落ち着いていて、凛としていて、品があって…
僕もそう思いました。(石)
# by zzziyuu | 2013-02-25 08:04 |  ・すてきな建物 | Comments(0)
上棟間近!
来週末の上棟に向けて、木材の加工を進めています。
機械にによるプレカット加工と大工さんによる手加工の併用。
 
e0102445_16133257.jpg
e0102445_16141071.jpg
木材検査と使用材の配置を決めてきました。(石)
# by zzziyuu | 2013-02-19 18:09 | 物語:みねみねひびきのいえ | Comments(0)
片瀬和宏さんの大皿がヤンマーのCMに採用されています!
僕が静岡で初めて住宅の設計をお手伝いした「かんばらのいえ」の息子さん。
陶芸家として活躍しています。
彼の大皿がヤンマーのCMに採用されています。
設計していたころは、まだ学生でした。

うれしいですね。
 e0102445_15222766.jpg 

そのCMはこちらです。
一番上の【食編】の3本目の一番最後、片瀬さんの大皿が出てきます。
ぜひ、ご覧ください。(石)

追記:
昨年秋に静岡で行われた、「片瀬和宏陶展」の様子はこちらです。
かんばらのいえの様子はこちらです。
# by zzziyuu | 2013-02-16 23:31 |  ・すてきな芸術 | Comments(0)