上棟間近!
来週末の上棟に向けて、木材の加工を進めています。
機械にによるプレカット加工と大工さんによる手加工の併用。
 
e0102445_16133257.jpg
e0102445_16141071.jpg
木材検査と使用材の配置を決めてきました。(石)
# by zzziyuu | 2013-02-19 18:09 | 物語:みねみねひびきのいえ | Comments(0)
片瀬和宏さんの大皿がヤンマーのCMに採用されています!
僕が静岡で初めて住宅の設計をお手伝いした「かんばらのいえ」の息子さん。
陶芸家として活躍しています。
彼の大皿がヤンマーのCMに採用されています。
設計していたころは、まだ学生でした。

うれしいですね。
 e0102445_15222766.jpg 

そのCMはこちらです。
一番上の【食編】の3本目の一番最後、片瀬さんの大皿が出てきます。
ぜひ、ご覧ください。(石)

追記:
昨年秋に静岡で行われた、「片瀬和宏陶展」の様子はこちらです。
かんばらのいえの様子はこちらです。
# by zzziyuu | 2013-02-16 23:31 |  ・すてきな芸術 | Comments(0)
めちゃくちゃ うれしい!
昨年、お引き渡しをしたお宅の娘さんから届きました。
住宅の設計をしていて、一番うれしいこと。

こちらこそ、ほんとうにありがとう。(石)
e0102445_13521991.jpg


追記:あやのいえ 
完成写真はこちらです。
設計中の様子はこちらです。
# by zzziyuu | 2013-02-15 13:53 | 家づくり | Comments(0)
初めてのインフルエンザ
先週末から咳が出はじめて、風邪かなぁと?
週末、自宅で休んでいましたが、抜け切らないので、週明け、病院に行ったら、「インフルエンザ」の宣告。
水曜日まで自宅から出るなと。

巷で言われるような高熱にはならなかったので(幸いでした)、インフルエンザとは思いませんでした。
普段、公共交通機関を利用することが多いので、マスク、うがい、手洗いは、注意していたんですが…。
やられました。


いろいろ、ご迷惑おかけしました。
明日から、出勤です。(石)
# by zzziyuu | 2013-02-06 16:37 | もろもろ | Comments(0)
追記:来年は蒲原です!
来年のしずおか町並みゼミは、第10回となります。
蒲原で開催できるように立候補しました。
開催日も、平成26年2月22日(土)、23日(日)に決定。

第1回目を蒲原で開催した時は、第2回の開催予定もなく、「しずおか町並みゼミ」のタイトルの先頭に「第1回」をつけることができませんでした。

ちょっとした節目。
町並みゼミを通してできた緩やかなネットワーク、みんなで、少し、幅広く、活用できていければと…。

楽しみです。(石)
# by zzziyuu | 2013-01-28 23:50 | まちなみまちづくり | Comments(0)
しずおか町並みゼミin熱海温泉
熱海温泉がおもしろい!

「しずおか町並みゼミ」、早いもので、今年で9回目となります。
県内の歴史的な町並みを持つ地域の、ご近所同士的な交流会。
一年ぶりの再会です。

今年は、熱海温泉。

熱海というと、関東圏から一泊二日で企業単位で宴会にくるような、旧態依然とした観光地のイメージが強く、あまり、いい印象を持っていませんでした。
今回の町並みゼミの町歩きで、道をちょっと奥に入った所を案内して頂いて、イメージが変わりました。
だいぶ、誤解をしていたみたい。

e0102445_15295436.jpge0102445_15303995.jpge0102445_1531512.jpge0102445_166387.jpge0102445_15322747.jpg
e0102445_1533950.jpge0102445_15332861.jpge0102445_15334468.jpge0102445_1534513.jpge0102445_15355640.jpg
e0102445_15362974.jpge0102445_15364770.jpge0102445_1537186.jpge0102445_15373562.jpge0102445_15383469.jpg

おもしろい魅力がたくさん!
歴史的な奥深さやゆるやかさもあって、歩いて、楽しかったです。
また、オンたま(熱海温泉玉手箱)というまちづくり手法や、活動を支える若者たちも、ほんと頼もしく、かっこよかった。

「縮む時代もいいかなぁ」なんて思っていましたが、
彼らは既に「縮む」のを前提に、
そして彼らより若い世代は「縮む」ことを普通のこと捉らえ、
活動をしていました。(石)
# by zzziyuu | 2013-01-28 23:11 | まちなみまちづくり | Comments(0)
旧五十嵐邸を防災拠点としてどんなことができるかやってみよう!
今年度最後のワークショップ。
旧五十嵐邸を「防災拠点」として何ができるか。
消防署と地元消防団の協力を得ながら、自主防災訓練を行いました。

「消火班」
「避難誘導・炊き出し班」
「救護班」
の3つの目的に分け実施。

e0102445_20221081.jpg

「消火班」
・実際に置かれている消火器の位置や数量が、適正かどうかの確認
・消火器の使用方法(どのような火災に利用できるのか)と実施訓練
・旧五十嵐邸近くの消火栓の位置の確認や作動方法、留意点の確認
・池の水を利用した初期消火活動の実施検証
e0102445_20232459.jpg
e0102445_20264742.jpg

「避難誘導・炊き出し班}
・かまどを利用して炊き出し訓練
・地震、火災発生時それぞれを想定して来館者の誘導方法を検証
e0102445_20255410.jpg

e0102445_20272885.jpg

「救護班」
・AEDの使い方、特徴を学びました
・初期の救命救急の方法も学びました
e0102445_20245525.jpg

実際に炊き出した、おにぎりとお味噌汁で、みんなで昼食。
e0102445_20274648.jpg
e0102445_20281475.jpg

消防署、消防団の協力、アドバイスは、適格です。
実際の災害を想定しての訓練も、これまでのワークショップや講演会が生きていることがわかります。
会のメンバーがみな、「災害を的確にイメージ(想像)できる」。
対応策をみんなで、検討、検証していけます。
すごい!(石)


前回の講演会の様子はこちらです。
# by zzziyuu | 2013-01-19 20:28 | まちなみまちづくり | Comments(0)
「昭和の時代」のマンション
昭和に建てられた、マンションの改修をお手伝いしています。
「昭和の時代」と言うと、昭和30年代、40年代をイメージして、ちょっと一昔前のような感じ。
そこまで古くはないですが、最新のマンションにはない、何て言うんだろう、心地良い「ゆるさ」があるようです。
e0102445_1721132.jpg
帰りがけに見えた富士山。
ちょっと得した気分です。(石)
e0102445_17235230.jpg

# by zzziyuu | 2013-01-16 13:03 | 物語:おおいわはうす | Comments(0)
たくさんの“元気”
今年もたくさんの年賀状を頂きました。
ありがとうございます。
たくさんの“元気”のお裾分けです。


e0102445_14383213.jpg
 ※写真をクリックすると大きくなります。
# by zzziyuu | 2013-01-10 14:36 |  ・季節の話し | Comments(0)
今日から仕事はじめ 「縮む時代もいいかなぁ」
新年、明けましておめでとうございます。
また、新しい年のはじまりです。
本年も、よろしくお願い致します。


頂いた年賀状やメールを整理して、
スタッフと今年1年のことを、少し、話して、
いつもの月曜日の朝の打合せをして、
バタバタと日常の業務を進めて…
ようやく、一段落。


お正月中に読んだ雑誌の中に、「「縮む時代」にどう生きるか」なんて記事がありました。
個人的には「縮む」のもいいかなぁと。

これまでのように「強さ」や「大きさ」や「勝ち負け」的な物差しとは別の、「人間らしさ」とか、「日本らしさ」みたいなところを、大切にした方がいいのではないかと書かれていました。
自由工房の「家づくり」にも通じるところもあって、少し後押しされた感じです。


よい年にしていきましょう!(石)
# by zzziyuu | 2013-01-07 19:24 | もろもろ | Comments(0)
仕事納め
今年の仕事は、今日(28日)までです。
とても、良い年でした。
みなさん、いろいろ、ありがとうございました。
少し、バタバタ、していましたが、とても楽しく仕事ができました。

たくさんの人達に助けられました。
人に恵まれていますね。
感謝です。

来年は、少しゆったりと、進めていきたいと思います。


年明けは、7日(月)から仕事を始めます。
よいお年をお迎えください。(石)
# by zzziyuu | 2012-12-28 15:33 | もろもろ | Comments(0)
振り子
既にご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思います。
僕は、昨日の新聞コラム、TVで初めて知りました。
お笑いタレント鉄拳さんのパラパラ漫画。
世界中で反響を呼んでいるようです。


いいですよ。
何か懐かしくて、暖かくて。
何ででしょう。
何度も何度も見てしまいます。

鉄拳さんのパラパラ漫画、言葉がないんです。
優しい声や励ましの言葉がなくても、心に伝わります。



追記:
他のパラパラ漫画もまだまだ、あるようですよ。(石)
# by zzziyuu | 2012-12-25 09:56 |  ・すてきな芸術 | Comments(0)
「いよいよ」「わくわく」
設計を進めてきて、工事を任せる工務店が決まり、地鎮祭を迎えました。
またひとつ、家づくりの「現場」が始まります。

e0102445_1755913.jpg
「「いよいよ」ですね。「わくわく」しますね。」なんてメールを建主さんに送ったら、
「「いよいよ」「わくわく」がぴったりな表現で、非常に楽しみにしております。」なんてお返事を頂きました。


楽しみ、楽しみ!(石)
# by zzziyuu | 2012-12-15 20:56 | 物語:みねみねひびきのいえ | Comments(0)
構造見学会 開催中!
e0102445_20232153.jpg

12月1日(土)。
自由工房に問い合わせをいただいている方々にご案内をして、構造見学会を開催しました。

その時、ふと。
「住宅の工事は半年くらい続くので、日を限定することはないか」と。

現在、
●焼津:古民家の改修
●静岡:自然豊な2世帯住宅
●清水:子育て世代の住まい
●富士:コンパクトな2世帯住宅
で住宅の工事が進行中です。
いずれも、来年2月から3月に完成予定。

いつでも、工事中の「現場」をご案内できます。
家づくりを考えていて、完成前の工事の様子を見てみたい方、ご連絡ください。(石)
# by zzziyuu | 2012-12-14 01:10 | 家づくり | Comments(0)
南三陸から2011.3.11~2011.9.11vol.1 南三陸から2011.9.11~2012.3.11vol.2
南三陸町の復興商店街の一角にあった写真屋館「佐良スタジオ」。
この写真館を営む佐藤さんが、震災から撮り続けている写真集。

e0102445_10585226.jpg

つらいけど、あったかさいっぱいの写真集。
vol.3、vol4、……が楽しみです。
e0102445_1103688.jpg
e0102445_1105886.jpg
e0102445_111189.jpg

佐良スタジオの前に置かれていた、この写真集の中の笑顔に助けられました。

ネットで購入できます。
HPアドレスは、こちら
ぜひ。(石)
※写真は、クリックすると大きくなります。
# by zzziyuu | 2012-11-22 19:28 | 東北 | Comments(0)
2012.11.16-17石巻・女川・南三陸町・気仙沼・陸前高田
建築士会の視察で、石巻、女川、南三陸町、気仙沼、陸前高田を訪ねました。
震災から1年7か月あまり。

町がなくなる。

言葉がでなかった。


もっと復興が進んでいると思っていました。
復興が、震災前の暮らしに戻ることとするならば、まだまだ。
ほんとうにまだまだ。

撮影した写真をそのまま載せます。 (石)
※画像はクリックすると大きくなります。

石巻
e0102445_2358168.jpge0102445_2359430.jpge0102445_23592029.jpge0102445_23595251.jpge0102445_00989.jpg
e0102445_01840.jpge0102445_013659.jpge0102445_015796.jpge0102445_021094.jpge0102445_025874.jpg

女川
e0102445_039102.jpge0102445_0393315.jpge0102445_0395168.jpge0102445_046986.jpg e0102445_047135.jpg
e0102445_0471514.jpg e0102445_0474795.jpge0102445_043498.jpge0102445_18271235.jpge0102445_18273369.jpg

南三陸町
e0102445_0514851.jpge0102445_052495.jpge0102445_0522439.jpge0102445_0524898.jpge0102445_1831830.jpg
e0102445_18314485.jpge0102445_1832074.jpge0102445_18321110.jpge0102445_18323183.jpge0102445_18324775.jpg
e0102445_18485688.jpge0102445_1849864.jpge0102445_18492449.jpge0102445_18493624.jpge0102445_18494689.jpg

気仙沼
e0102445_18531050.jpge0102445_18533963.jpge0102445_18535142.jpge0102445_1854918.jpge0102445_18542428.jpg
e0102445_18551255.jpge0102445_18552891.jpge0102445_18554380.jpge0102445_18555860.jpge0102445_18561954.jpg
e0102445_18581638.jpge0102445_18582968.jpge0102445_18584117.jpge0102445_1858541.jpge0102445_18591225.jpg

陸前高田
e0102445_1961618.jpge0102445_1963352.jpge0102445_1972044.jpge0102445_197377.jpge0102445_1975381.jpg
e0102445_1981696.jpge0102445_1983962.jpge0102445_1985397.jpge0102445_1991463.jpge0102445_1993026.jpg
e0102445_1995159.jpge0102445_19101011.jpge0102445_19102572.jpge0102445_19104290.jpge0102445_19105375.jpg
# by zzziyuu | 2012-11-19 20:50 | 東北 | Comments(0)
東日本大震災を踏まえて、いま防災に求められること
今回は、東京大学生産技術研究所 加藤孝明先生をお迎えしての講演会。
東大の先生とは思えないような、おおらかで、ユーモアあふれる、気さくな講演会でした。

e0102445_20455982.jpg

先生が提唱する復興ビジョン
「高台までの走る能力で居住地を決める」

東日本大震災の様々な復興ビジョンがニュースで伝わってきます。
「海が感じられなくなうような防潮堤案」や「海岸上の人工地盤の町」、「山を削っての高台」案など。
どれも極端で、しっくりこなかった。
加藤先生案も極端ですが、みょーに納得してしまいました。
e0102445_20461877.jpg

現在進められている復興における課題について
いろいろなことが複雑に絡んでいていることが分かります。
「復興が遅れている」なんて言われてます。
けれど、早急に結論を出せない課題が多いことも分かりました。
e0102445_20463515.jpg

参加者からも自分達の考えについて、先生に質問攻めも。
意識の高さというか、こういう機会、もっと必要ですね。
e0102445_204748100.jpg

e0102445_204831.jpg

「悠々と怖れる」
心にとめておきたい。(石)

前回第3回ワークショップの様子はこちらからです。
# by zzziyuu | 2012-11-04 21:55 | まちなみまちづくり | Comments(0)
災害時に旧五十嵐邸の復旧でできることを考えよう
第3回目となるワークショップ。
明石工業高等専門学校の八木先生、
蒲原のまちづくりをサポートしてくれているマヌ都市建築研究所の三浦さんをお招きしました。

災害時に起こることを学び、
住民としてできること、
住民として備えることを、みんなで考えました。
e0102445_20305624.jpg
なかでも三浦さんの、気仙沼の登録文化財の話しは印象的でした。
まちの歴史を司るような建物であっても、被災すると、安全性の観点から解体撤去へ向かってしまうこと。
一方で、登録文化財のような評価があると、その歯止めとなっていること。
少しずつだけど、その復興の様子をお話し頂きました。
e0102445_20325058.jpg
また、まちが全く新しく復興されることに対しては、少し違和感を感じてしまいます。
e0102445_20311254.jpg
災害時に旧五十嵐邸ではどんなことが起こるか。
その時、何ができるか。
そして、事前に備えることは何か。
みんなで考えていきます。
e0102445_11443849.jpg
e0102445_20312657.jpg

実は、今回、文化庁からの視察も合わせて行われました。
事業の進捗状況や内容について、意見交換が行われました。
e0102445_20334265.jpg

e0102445_2035465.jpg

多少緊張もありましたが、会員の手作り料理による懇親会.。
丁寧なアドバイスをたくさん頂きました。(石)

前回の講演会の様子はこちらです。
# by zzziyuu | 2012-11-04 21:52 | まちなみまちづくり | Comments(0)
震災からよみがえった 東北の文化財展
e0102445_1753485.jpg

場所:静岡県庁別館21階 展望ロビー
期間:平成24年10月26日~11月12日

家づくり展、大道芸と同じ時期の開催です。

ぜひ! と言うより、まず、こちらから、かな。(石)
# by zzziyuu | 2012-11-01 17:10 | 東北 | Comments(0)
静岡の建築仲間がつくる家づくり展 静岡秋展 のお知らせ

e0102445_10194581.jpg

今年は、大道芸ワールドカップと同時開催です。

テーマは“食べる”
自由工房の家づくりでも、とてもたいせつにしているテーマです。

日時:11月1日(木)~6日(火) 11:00~19:00
場所:ギャラリー濱村(葵区両替町2丁目3-1)

ぜひ、お立ち寄り下さい。(石)

追記:
3日(土)と4日(日)の午前中以外は、ご案内できます。
当番のスタッフに、「石田さんいる?」って、声を掛けて下さい。


e0102445_10212081.jpge0102445_10212935.jpg

※画像をクリックすると大きくなります。
# by zzziyuu | 2012-10-25 10:14 | 静岡建築/家づくり展 | Comments(0)
おおかみこどもの雨と雪
e0102445_082379.png

おおかみこどもの雨と雪
気になっていた映画。
静岡での上映もあとわずか(10/19まで)。
打合せの後、立寄りました。

やさしく
あたたかく
素朴で
強く

だけど、ちょっと難しく…。


うまく言えないけれど、みんなに見てほしい映画です。(石)

追記:
もっと、早く行っておけばよかった。
# by zzziyuu | 2012-10-14 22:45 |  ・すてきな芸術 | Comments(0)
東京駅
温熱環境の講習会(野池学校)に東京に。
講習会場に向かう東京駅ホームから。
e0102445_23294422.jpg

東京駅の修復復元工事が完成まじか。
e0102445_23271356.jpg

東京駅が残っていることによって、東京駅らしくなっているように感じます。
「掃き溜めに鶴」なんって言ったらおこられるかな。


e0102445_22582388.jpg
1914年の創建なので、ほぼ100年。
駅の中には、昔の煉瓦がそのまま使われているところもありました。
真新しい煉瓦(タイル?)と100年を経た煉瓦。
住まいにも、何か拠り所になるような’歴史‘があると落ち着くように思います。(石)
# by zzziyuu | 2012-09-27 22:24 |  ・すてきな建物 | Comments(0)
無限の可能性でいっぱい!
昨日届いたメールに添付されていた写真。
佐藤さんの許しを得て掲載。


かわいいですよね。

無限の可能性でいっぱい!



e0102445_062717.jpg


そうそう、僕らにだってまだまだ、可能性は無限!(石)
# by zzziyuu | 2012-09-26 21:03 | Comments(0)
無事、産まれました!
スタッフの佐藤から、うれしい知らせが届きました。
「予定日から4日遅れの昨日、9月24日、2840グラムの男の子が生まれました…」
事務所では、「まだかなぁ」とか、「そろそろじゃない?」とか、「初産は遅れるものだから」とか…。
少し、心配になったころの連絡。
うれしい知らせ。
ひと安心です。


佐藤は、しばらく子育てに専念しますが、来年、七夕ごろから少しずつ復帰する予定です。
出産、子育てを経た佐藤さん、きっと設計の幅も広がるようになるかと。
佐藤の成長も楽しみです。
スタッフの成長って、事務所の成長、設計の質を高めていってくれるように思います。(石)
# by zzziyuu | 2012-09-25 19:56 | 事務所紹介 | Comments(0)
フィンランドのくらしとデザイン
静岡市立美術館
ムーミンガ住む森の生活 フィンランドのくらしとデザイン展
e0102445_18185278.jpg


自由工房で家づくりをお手伝いしたお宅では、北欧の家具や照明、食器などを選ばれる方が、たくさんいらっしゃいます。
このデザイン展で紹介されているイッタラやマリメッコ、アールトなども選ばれています。
どれもデザインされて既に50年以上経ていますが、今でも世界中で愛用さ続けています。

10月8日(月)までです。
是非!


追記:
北欧の家具に興味がある方は、静岡市にある次のお店を訪ねてみて下さい。
いいですよ。

クラフトコンサート
スーク
# by zzziyuu | 2012-09-22 18:36 | 家づくり | Comments(0)
常林寺 夕涼み音楽祭
e0102445_8523447.jpg


恒例の常林寺夕涼み音楽祭のお知らせです。
毎年、お彼岸が過ぎた頃の開催。
境内や本堂、白瀧観音堂を解放しての音楽祭。
心地よく、楽しい催しがたくさんあります。
詳細は常林寺HPをご覧下さい。

是非!


追記:
毎年、参加していたのですが、今年は竣工写真の撮影日にかさなってしまいました。(石)
# by zzziyuu | 2012-09-21 08:58 |  ・すてきな芸術 | Comments(0)
かんばらのいえ    片瀬和宏 陶展
片瀬和宏 陶展

ギャラリー濱村
葵区両替町二丁目3-1
9月20日(木)~24日(月)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
e0102445_20153396.jpg


かんばらのいえの和宏さんの個展のお知らせが届きました。
家づくりのお手伝いをしていた頃、ちょうど大学で陶芸をはじめた頃だったと。
事務所のお客様用のカップは和宏さんの作品。
新しい作品を見に訪ねてみたいと思います。

お時間のある方は、ぜひ!(石)

e0102445_814259.jpg
お昼休みに、スタッフのみんなとおじゃましてきました。
落ち着いた雰囲気のなかに、個性的な器がたくさん。




スタッフみんなのカップとお客様用の湯飲み、プレートを購入。
机の上が楽しくなります。
e0102445_8163348.jpg

# by zzziyuu | 2012-09-18 20:31 |  ・すてきな芸術 | Comments(0)
蒲原宿を襲った大災害を考える
蒲原宿は元禄12年(1669年)に、大津波(暴風雨と大潮が重なり)により壊滅的な被害を受け、現在の場所に宿場を移しています。
また、安政の大地震(1854、1855年の2回)では、津波の被害はありませんでしたが、山崩れや人家の倒壊など甚大な被害を受けています。
今回の講演会は、蒲原を襲った、この2つの大災害についてです。

e0102445_8312178.jpg


建築士会景観整備機構の塩見さん。
元禄の大災害について、当時の絵図や古文書をもとにお話を伺いました。
被害の状況とその後の宿場移転の経緯についてです。
被災から2年で新たな宿場を計画し完成させていること。
しかも、現在も残る宿場を見れば明らかですが、本陣付近が最も海抜が高い位置に計画しています。
防災面を踏まえたうえで、交通の要所として実に計画的につくられていると。
e0102445_832157.jpg
e0102445_833646.jpg

蒲原宿木屋江戸資料館の渡邊さんからは安政の大地震について。
渡邊さんが所有している19代渡邊利左衛門守亮(もりあき)氏の日記から当時の様子を読み解いてくれました。
スライドで利左衛門守亮(もりあき)氏の日記映し出して、内容を読み上げながら、震災の様子を解説していきます。
地名や社寺など、今と重なる部分も多く、とてもリアル。
157年前に蒲原を襲った、マグニチュード8.4の巨大地震。(石)

前回の第2回ワークショップの様子はこちらです。
# by zzziyuu | 2012-09-09 21:43 | まちなみまちづくり | Comments(0)
旧五十嵐邸を地域の防災拠点にしてみよう
第2回目のワークショップ
東京理科大学大学院国際火災科学研究科教授の関沢愛先生
工学院大学建築都市デザイン学科教授の後藤治先生
お二人をお招きして、「火災と消防の基礎知識」、「災害時に予測される古い建物の被害等」を学びました。
e0102445_209192.jpg
e0102445_209199.jpg
先生方と一緒に、
災害が起きた時、「旧五十嵐邸で何が起こるかを想定して、どんな行動をしたらいいのか」、みんなで考えました。
災害が起きた時、「旧五十嵐邸で何ができるかを考え、何を備えておけばよいのか」、みんなで考えていきました。
防災の専門的な話でも、「火災の恐ろしさや対処方法」、「耐震基準は満たしてはいるものの、旧五十嵐邸の安全なところとそうでないところ」など。
自分たちの生活に置き換えて考えられるようになります。e0102445_2093680.jpg
最後は、会のみなさんの手料理を囲んで、先生方と懇親会。
e0102445_20103554.jpg
素朴で具体的な質問にも、丁寧にアドバイスを頂きました。
古い建物や町並みには、最新のマンションなどに比べると、防災面でマイナスに捉えられるようなところもたくさんあるようです。
でも、ワークショップを重ねていくと、いやいや、そうでもないなと、思えてきます。(石)

第1回の様子はこちらです。
# by zzziyuu | 2012-08-18 19:58 | まちなみまちづくり | Comments(0)
地域に受け継がれた防災資源を探そう
第1回目のワークショップ。
宿内にある防災資源をみんなで探します。
e0102445_1957591.jpg
避難する際に役に立ちそうな、路地や通り土間。
燃えない、燃えにくい場所。
地震に強そうな場所。
津波がとどかない場所。
火を消す水は?
停電や断水の時に役に立ちそうな、井戸やかまど。
e0102445_19583054.jpg
まち歩きをしながら、探していきました。
日頃見慣れているようでも、気が付かないこと。
毎日に生活の場だからこそ、気が付くこと。
みんで考えるから、気が付くこと。
地図に記入していきます。
e0102445_19581310.jpg
地図にまとめて、さらに意見交換をしていきます。
e0102445_19584394.jpg

暮らしの視点からのみた防災マップの原型ができていくように思えます。(石)

追記:事業の概要を紹介したブログはこちらです。
# by zzziyuu | 2012-07-22 19:48 | まちなみまちづくり | Comments(0)