ヒアシンスハウス
e0102445_13184312.jpg


以前から紹介したかった住まいです。
詩人であり建築家であった立原道造が、23歳'(1937~1938年)のとき考えていた自分のための住まい。
ハアシンスハウス
没後65年を経て2004年にスケッチをもとに建設されました。


e0102445_1322865.jpge0102445_1334459.jpge0102445_1342235.jpg
 ※写真をクリックすると大きくなります。

9尺×20尺の5坪に満たない。
けれど、ほんとうに気持ちよく、心地良い住まいです。(石)
by zzziyuu | 2010-04-23 13:20 |  ・すてきな建物 | Comments(0)
<< 家守り(メンテナンス) 手で刻む >>