自立循環型住宅への設計ガイドライン
「自立循環型住宅への設計ガイドライン」の改修版が新たに出ました。
改修、リフォームに対応できるガイドラインです。
設計に採りいれたい手法等をまとめた500ページにおよぶテキストは、講習会に参加しないと入手できないため、東京へ。

e0102445_1774493.jpge0102445_1781469.jpg


自立循環型住宅への設計ガイドライン
国土技術政策総合研究所と建築研究所によって、20年近くにわたり研究されてきたもの。
できる限り自然エネルギーを活用して、心地よく、かつ効率よい住まいを設計しながら、エネルギー消費量を2010年頃の住宅に比べ半減させることができる手法をまとめたものです。
自由工房のパッシブデザインのベースになっています。

新築については、平成27年に関東や静岡などの温暖地に建つ木造戸建て住宅を対象に、10年ぶりに大幅に改訂されたガイドライン「温暖地版」が既にでています。
これまでは、「旧既存住宅版」や「温暖地版」を改修に応用させるようにしていましたが、より利用しやすくなりました。
by zzziyuu | 2018-03-20 16:30 | 家づくり
<< 名古屋で家づくりが進んでいます 清家清 私の家 >>