3.11と耐震等級3とパッシブデザイン
今日3月11日を迎えるたびに、誰もが、地震の恐ろしさを改めて思い出すのではないでしょうか。

直接震災を体験していなくても、建物に「ちゃんとした耐震性能」が必要であることを感じるはずです。
なのに、「耐震等級3」を標準にしている作り手(設計事務所や工務店、メーカー)がまだまだ少ないように感じます。
ちゃんとした構造計算(許容応力度計算)をしていない「耐震等級3相当」であったり、「耐震等級」という共通の物差しではない独自の耐震性能であったり…。
デザインや間取り、コストなどが、「耐震等級3」に至らない理由ようです。

住まいは、人の身体の足りないところを補うように作られてきたと言われます。
寒さ暑さに始まり、雨や風、台風や地震といった自然の驚異から身を守るようにと。
だから、本来、耐震性能は住まいの最も大切な基本性能で、デザイン云々より優先すべきことです。

過去のブログ:耐震等級3のすすめ も参考にして下さい。

また、原子力発電の被害も甚大なものでした。
機械設備にはできるだけ頼らずに、建物の配置や間取り、軒の長さや窓を工夫しながら、太陽の光や暖かさ、風といった、自然を住まいに採り込んでいく手法。
住まいの周りにある自然の「心地よさ」を採り込んでいくパッシブデザインという手法です。

耐震等級3とパッシブデザインは、3.11東日本大震災を機に、積極的に採用していこう(しなければいけないこと)と考えるようになりました。
by zzziyuu | 2019-03-11 18:30 | 家づくり
<< 日本建築専門学校 気仙沼の小さな港町「風待ち」への支援 >>