風呂敷
e0102445_1946236.jpg先日写真を撮らせてもらうため、昨年お引き渡ししたお家に石田さんと訪問しました。(以前紹介しました「もちの木のあるお家」

そこでのちょっといい話。
左の写真、少し穴があいていますが・・・代々受け継がれてきた、この家の風呂敷。昔は風呂敷の模様も各家によって決まった模様があったそうです。ここのお家は折り鶴と松。いまはのれんにリニューアル。風に揺れる深い藍色は、なんともいえない温かみがありました。
 
お施主さん曰く、お母さんがお嫁に来るときに持ってきたものはまだまだ新しく、何代も前のものでないと風呂敷として風格がでないとか・・・・。さすがですねぇ。
 この風呂敷、よく見ると小さな穴を繕ったあとが何箇所も・・・繕った糸の種類も縫い方もさまざま。長い時間を感じます。この家が歩んだ軌跡をこの風呂敷も一緒に歩んでいるようです。(鍋)



e0102445_19343178.jpge0102445_19343958.jpge0102445_19472022.jpg

by zzziyuu | 2007-05-29 20:26 | 古民家再生・リフォーム
<< 虹 田植えも終わり >>