<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
自立循環型住宅への設計ガイドライン
「自立循環型住宅への設計ガイドライン」の改修版が新たに出ました。
改修、リフォームに対応できるガイドラインです。
設計に採りいれたい手法等をまとめた500ページにおよぶテキストは、講習会に参加しないと入手できないため、東京へ。

e0102445_1774493.jpge0102445_1781469.jpg


自立循環型住宅への設計ガイドライン
国土技術政策総合研究所と建築研究所によって、20年近くにわたり研究されてきたもの。
できる限り自然エネルギーを活用して、心地よく、かつ効率よい住まいを設計しながら、エネルギー消費量を2010年頃の住宅に比べ半減させることができる手法をまとめたものです。
自由工房のパッシブデザインのベースになっています。

新築については、平成27年に関東や静岡などの温暖地に建つ木造戸建て住宅を対象に、10年ぶりに大幅に改訂されたガイドライン「温暖地版」が既にでています。
これまでは、「旧既存住宅版」や「温暖地版」を改修に応用させるようにしていましたが、より利用しやすくなりました。
by zzziyuu | 2018-03-20 16:30 | 家づくり
清家清 私の家
清家さん、初めてテレビCMに出られた建築家ではなかったでしょうか。
コーヒーのCMで「ちがいの分かる男」として、建築家の存在を世に知らしめた人とも…。
そんな清家さんの自邸、「私の家」を見学させてもらえました。

e0102445_1615986.jpge0102445_16162799.jpg

戦後1950年代に建てられた21坪の住まい。
ワンルームでとてもシンプルな間取りです。
あれもこれもと詰込んだ、高密度な間取りではなく、
必要な機能だけをまとめて、目の前の自然を「私の庭」にした。
住まいは「こういのがいいんだよ」って言われているようです。

e0102445_16195262.jpge0102445_16204498.jpg

by zzziyuu | 2018-03-06 15:52 |  ・すてきな建物
家相
おすすめ本の紹介。
家相。
何となく気になるけれど、あまり深入りはしたくない…。
日々設計に係る自分も同じです。
「この家相だと家族によくないことが起こる」などと言われると、人を不安にさせて何がおもしろいんだろう、なんて思ってしまいます。

「病は気から」ではないですが、「顔色悪いね」なんて言われるとだんだん気分が落ちていくのと同じ。
「…よくないことが起こる」と言われれて、ずっと気にしていれば、よくないことが起こる方向を向いて生きているのと同じ。
よくないこと引寄せているようなものではないかと。

これまでの設計では、鬼門、裏鬼門にトイレや浴室、おかって等の水回り、玄関等の出入り口を配さないよう配慮していました。
家相の専門家に「トイレの位置を変えて」と言われれば従うようにしていました。
住まい手の、この手の不安は一切生じさせないように。


e0102445_14531485.jpg

ただ、これからはあまり、家相に振り回されることはなくなりそう。
この本のすてきなところは、「どんな間取りでも吉相にできる!」とあるところ。
どんな建物、間取りであっても、家相はあとから自在に対策できるものでした。

おすすめです。
by zzziyuu | 2018-03-02 14:28 | 家づくり