<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
自分でできる障子の貼替え
蒲原の旧五十嵐邸で「自分でできる障子貼り」講座。

自由工房の設計では、障子を多用しています。
和室はもちろん、リビングやダイニング、玄関や寝室などでも。
部屋の間仕切以外にも、オリジナルの木製硝子戸と併用したり、アルミサッシと併用したり、カーテンやブラインドの変わりに利用しています。
光は柔らかくなりますし、断熱効果もカーテンやブラインド以上に期待できます。

e0102445_15333816.jpg
カーテンやブラインドは5年、10年すると劣化もしますし、飽きもきます。
障子は、貼替えながらずっと使い続けていけるから、不思議です。
旧五十嵐邸の障子は100年、貼替えながら使い続けています。
また、貼替えも毎年貼替えることもなく、旧五十嵐邸では10年ぶりの貼替え。

さて、ここからは「貼替え」講座
まず、道具。
・のり刷毛(少しコシがある方がいいです)
・バット(のりを伸ばすのに使います)
・カッター
・カッター定規
・和紙(今回はやぶれにくいワーロンタフトップを使用)

作業①
・のり刷毛で障子を濡らしていきます。
・しばらくすると、のりがとけて和紙をはがすことができます
e0102445_15364784.jpge0102445_15371776.jpg

作業②
・濡れた組子を雑巾で拭きとり、乾かします。
 (組子が濡れたままのり付けをすると、定着しにくくなるので要注意!)
e0102445_1543965.jpge0102445_15473336.jpg

作業③
・のりを水で少しずつ薄めていきます(ダマにならないように丁寧に)。
・刷毛から少し落ちる程度のとろみです。
e0102445_15522428.jpge0102445_15494117.jpg

作業④
・組子に刷毛でのりを付けていきます。
・叩くように組子にのりを置いていく感じ。
・中の組子をのり付けしてから、縁廻りにのり付けしていきます。
e0102445_15531558.jpge0102445_15552445.jpg

作業⑤
・和紙を貼ります。
・上から下へ転がしていきます。
e0102445_15571025.jpge0102445_15581855.jpg

・外へ押し出すように組子に貼り付けていきます。
・周囲は爪で押さえながら、カットラインをしるしていきます。

e0102445_1605661.jpge0102445_1625381.jpg

作業⑥
・カッターで和紙を切っていきます。
e0102445_167084.jpge0102445_1635581.jpg

作業⑦
・乾いてから、霧吹きで湿らせます(状況によってはしなくてもよいとのこと)。
・枠にはめ込みます。
e0102445_16232873.jpge0102445_16244816.jpg
by zzziyuu | 2018-09-29 15:38 | 家づくり
家づくりの要望書を新しくしました
住まいの設計に取り掛る前に、住まい手のみなさんに記入頂いているもの。
家族構成やみなさんの好み、ライフスタイルを伺い、大切にしたいこと、大切にしていきたいことに始まり、
敷地の特性や希望する部屋の構成や広さ、設備の詳細等を伺ってく、チェックシートのようなものです。

家づくりを始めるにあたり、漠然としていたことが、紙ベースに整理していけるので、結構、好評です。
また、家族のみんなで相談しながら記載して頂いていくので、お互いの考えを知ることにもなるようです。
一緒に暮らしていながら、意外とそれぞれ考えていることが違っていることもあるようで、驚かれることもあるよう。

私達にとっては、設計の大きな手掛かりになります。
要望書をきっかけに話したこと等が、設計に反映されていきます。
これがないと、建築家の好き勝手な設計になってしまうのではないかなぁとも…。

e0102445_17424583.jpg

A4サイズで20ページ弱。
これまで、建築家宮脇檀さんが使っていらしたものをベースに作成して、少しずつ手直し更新しながら使ってきました。
十数年になるでしょうか。
時代の変化に対応していないような箇所もあり、今回、新たに作り直しました。
ワードからエクセルに変えて、チェックボックスも採用しています(ここはあまり重要ではないですね)。
記入頂くのも、結構たいへんな作業なので、できるだけ記載しやすいように編集を心掛けました。
by zzziyuu | 2018-09-21 17:46
家事の負担を減らす三種の神器 … 強い味方は「乾太くん」?
「昭和の三種の神器」って聞いたことがありますか。
1950年代後半、あこがれ家電どして「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」がそう呼ばれたそうです。
1960年代半ばには、「カラーテレビ・クーラー・自家用車(カー)」で「3C」とも呼ばれたそう。
平成になると、「デジタルカメラ・DVDレコーダー・薄型テレビ」が注目されます。

最近は「お掃除ロボット・食器洗い機・全自動洗濯乾燥機」だとか。
いずれも家事の負担を減らす家電のようです。
私達が設計している住まいでも、お掃除ロボット用のコンセントや格納場所を設けたり、食器洗い機の設置を希望されるご家族も多くなりました。

最近、良い評判を聞くのが、ガス衣類乾燥機「乾太くん」。
乾燥機付の洗濯機は、熱源が電気なのでどうしても生乾きになりやすく、「干す」という作業が必要で、電気代もバカにならない。
「乾太くん」は、完全に乾くので「干す」という作業がなくなり、ランニングコストも40円~60円/回と毎日使っても1200円~1800円/月。
また、家族の部屋着や下着類用の収納を脱衣室に設ける事を提案していますので、洗濯→乾燥→収納が脱衣室内で完結して、家事の負担をだいぶ減らすことができます。
花粉やお天気にも左右されませんし…。

e0102445_1449541.jpg

設計では、毎日の家事動線をコンパクトにしたり、収納位置を考えたりしながら、家事のストレスをできる限りなくすように心がけています。
そういう設計と組み合わせる事で、子育て世帯や共働き世帯、お年寄り世帯など、「乾太くん」は家事の負担を減らす強い味方になるかもしれません。
追記:
「幹太くん」をインターネットで検索してみて下さい。
否定的な書き込みがほとんどみられないのも、安心感につながります。
by zzziyuu | 2018-09-15 14:49 | 家づくり