<   2019年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
3.11と耐震等級3とパッシブデザイン
今日3月11日を迎えるたびに、誰もが、地震の恐ろしさを改めて思い出すのではないでしょうか。

直接震災を体験していなくても、建物に「ちゃんとした耐震性能」が必要であることを感じるはずです。
なのに、「耐震等級3」を標準にしている作り手(設計事務所や工務店、メーカー)がまだまだ少ないように感じます。
ちゃんとした構造計算(許容応力度計算)をしていない「耐震等級3相当」であったり、「耐震等級」という共通の物差しではない独自の耐震性能であったり…。
デザインや間取り、コストなどが、「耐震等級3」に至らない理由ようです。

住まいは、人の身体の足りないところを補うように作られてきたと言われます。
寒さ暑さに始まり、雨や風、台風や地震といった自然の驚異から身を守るようにと。
だから、本来、耐震性能は住まいの最も大切な基本性能で、デザイン云々より優先すべきことです。

過去のブログ:耐震等級3のすすめ も参考にして下さい。

また、原子力発電の被害も甚大なものでした。
機械設備にはできるだけ頼らずに、建物の配置や間取り、軒の長さや窓を工夫しながら、太陽の光や暖かさ、風といった、自然を住まいに採り込んでいく手法。
住まいの周りにある自然の「心地よさ」を採り込んでいくパッシブデザインという手法です。

耐震等級3とパッシブデザインは、3.11東日本大震災を機に、積極的に採用していこう(しなければいけないこと)と考えるようになりました。
by zzziyuu | 2019-03-11 18:30 | 家づくり
気仙沼の小さな港町「風待ち」への支援
1月に続き、再掲載です。
この「気仙沼風待ちプロジェクト」は、大学時代の同期、三浦卓也が深くかかわってきた事業です。
三浦は全国で「歴史を活かしたまちづくり」を行ない続け、地域の人達が大切にしてきた町や建物を、地域のみなさんや自治体と協力して、保存活用していくことに力を注いできていました。
その三浦が先月亡くなり、最後のメールが気仙沼のクラウドファンディングの支援依頼でした。

旧蒲原宿の町並み保存や旧五十嵐邸の保存活用、しずおか町並みゼミなど、一緒に関わらせてもらっていました。
同志みたいな感じでした。
三浦と関わって「歴史を活かしたまちづくり」の僕と同じ同志のような方々が全国にたくさんいるんだろうなぁと。

残すところあと、1週間あまり。達成率は9割弱。
気仙沼の復興、少しでも応援していきたいと思います。

よろしければ、いっしょに応援頂けるとありがたいです。


e0102445_1612593.jpg




東日本大震災から7年になります。
気仙沼の小さな港町「風待ち」で、続いている復興の支援へのお願いです。
地域の特徴を象徴する、歴史的な建物の修復、再建、生業再生を目指しています。
6棟のうち4棟は修復が進みましたが、難易度が高く、復興を待つ2棟への支援になります。
復興により町の風景は、大きく変わることが予測されます。
変わらぬ山と海とともに、この6棟が復旧することで、「復興してもふるさとと思える風景を伝えたい」。


クラウドファンドです。
https://shopping.nikkei.co.jp/projects/kazamachi
期間:2018年12月20日(木)〜2019年3月18日(月)
募金や拡散、ご協力をお願いできるとありがたいです。
よろしくお願い致します。

それまで積み重ねられてきた歴史の継承がない新しい町は、同じ場所でも、全く違う新しい町になってしまいます。
復興で新しくなる町でも、記憶や思い出といった、懐かしさが少しでも残れば、心が落ち着く町になります。

追記:
2013年に蒲原宿まちなみの会で気仙沼を訪ねた際のブログです。
https://zzziyuu.exblog.jp/20629543/
by zzziyuu | 2019-03-09 18:21 | 東北
登記の申請のサポート
登記の申請は、一般的には、司法書士や土地家屋士に依頼します。
でも、建主さんが自分で申請することもできます。
なかなか1回では難しく、2~3回、法務局に通うことにはなりますが、できます。

e0102445_11362311.jpg

自由工房で設計をお手伝いした建主さんで「自分でやります」という方には、申請図書のサポートをしています。
申請図書の作成は、簡単な作業なので、無償で。

プロに依頼すれば、簡単ですが、7~10万円位費用がかかるとのこと。
その分を建築費用や家具や家電費用にまわしてもらえればと…。
by zzziyuu | 2019-03-08 11:37 | 家づくり
名古屋でも上棟
愛知県では初めての仕事。
もちろん、施工をお願いしている工務店も初めて。
工務店を選ぶにあたり、建築家仲間の情報や施工実績、住まい手家族と一緒に直接お会いして、
お話しをして決めてはいましたが、ほんの少し、不安も在りました。
上棟までの段取りや下打合せ、上棟時の手際よさや職人の連携等をみていまして、
「良い工務店にお願いできた」と安心できました。

e0102445_11193074.jpge0102445_11201772.jpg
e0102445_1121440.jpge0102445_11215573.jpg

工事をお願いする工務店とは、家を作って終わりではなく、メンテナンス等でお付き合いは続きます。
ある意味、一生のお付き合い。

まずは、完成まで安全第一で、引き続きよろしくお願い致します。
by zzziyuu | 2019-03-04 10:53 | 家づくり