引渡しとオープンハウス
23日、オブジェのようなもちの木のあるお宅の引渡しをしました。
蒲原宿の家の工事現場を見ていただいているから、最初の出会いから3年半ほど。
いろいろありましたが、喜ばれている姿を確認して、ほっとしたところです。
いつものことですが、職人をはじめ関わってくれた人達に感謝。
ありがとうございます。(いや、まだ外構工事が残ってるので、もうひと頑張り。)


またその日、家づくりの相談に訪れていたご家族を、このお宅と蒲原の2つのお宅へ案内しました。

e0102445_11534959.jpg

実は自由工房では、あまりオープンハウスを行っていません。
不特定多数の人達が訪れることに、少し抵抗を感じてしまうことが主な理由です。
見学はいつでもできますし、住まわれてから訪ねて暮らしぶりなどのお話しを伺いながらの方が、訪ねる側も訪ねられる側も安心できるかなと思っています。


実は、もちの木のあるお宅のお施主さんも蒲原の2つのお宅は訪れていて、完成したことを伝えたら、懐かしそうにとても喜んでくれました。
そして、他のお宅の進捗状況も報告して‥。
また、点検ほど大げさではないですが、家のメンテナンス状況などのお話しもして‥。

こんなふうにして、ちょっと不思議なネットワークができていくのかもしれません。(石)
# by zzziyuu | 2006-12-25 10:04 | 家づくり
ガラスの再生
今日、引渡しのお家に行ってきました。(工事はまだ残っていますが・・・)
はいった建具のなかでも、あっ、これはー・・・と思ったのがこのガラス戸。

e0102445_14141969.jpge0102445_14142563.jpg

この家で、もともと使っていたガラス戸のモザイクガラスを集めてつくったもの。
思い出がたくさん詰まった世界に1つだけの建具になりました。

お施主さんも思い出したらしく、これこれー・・・このガラスは座敷の・・・これはそれの隣の・・・などとみんなで話が弾み、ここに使ってくれたのねー・・・と嬉しそう。
お施主さんの嬉しそうな笑顔、わたしの元気の源です。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-12-23 15:02 | 古民家再生・リフォーム
佳境/もう一息‥
来週(年末ぎりぎり)の提出を目指して、実施設計をまとめています。
実施設計図書は、実際に工事ができるレベルの詳細を書き込んだ図面。
今回は鉄骨造の改修等もあってA2サイズで80枚ほど。
もう一息です。
e0102445_156525.jpg

ほんとうはもっと早くできていなければいけないはずなのですが、こちらの事情で遅れさせざるをえませんでした。
何度となく、遅れてしまう旨を伝えても、笑って容認してくれました。(気がきではなかったと思います。)
ほんとうに助かりました。ありがとうございます。(石)




そんな時なのに、シメ鯖を頂きました・・・(感謝感涙)。

e0102445_1020172.jpge0102445_10202599.jpg

新鮮なので、青く輝いています。まさに青い魚と書いてサバ!ですね。
じつはこれ、ご近所の一平という塩サバ屋さん(?)で買ってきて、米酢でつけたそうです。
米酢をつかうのがみそ・・・・あとこの塩サバ、県内でも有名だとか。
この塩サバを食べたら他のは食べれない・・・とまで。

e0102445_10203143.jpge0102445_1020388.jpg

実際、肉厚で脂がのっていてうまいことうまいこと・・・お酒のおつまみにも最高で、あっというまになくなりました。確かに今まで食べた中でも一番おいしかった、Hさん、ごちそうさまでした。


しかし一平さん・・・まちの駅の・・・鯖の駅・・・。
まちの人達の休憩所ということかしら・・・そのこころの広さが、塩サバにも伝わってましたよー。
サバダバダ~♪  (鍋)
# by zzziyuu | 2006-12-21 14:58 | 物語:やいづのいえ
ちょっと昔の、大掃除ともちつき
e0102445_18505764.jpg
日曜日に蒲原の旧五十嵐邸で、昔ながらの大掃除ともちつき体験がありました。
夏の暮らし体験と合わせて、この時期の恒例行事。
子供たちがまえかけをして、ほおかむりをして、ささらぼうきをつくって、すす払いをして、ぬれた新聞紙で窓ガラスを掃除して、ぬか袋で床を磨いていきます。
もちつきも今は、なかなか家ではやらなくなりました。
寂しいことに、僕もつくことはできません‥。

e0102445_18512546.jpge0102445_18514866.jpg
子供たちがついたおもち、頂きました。
きなこもちにお雑煮、うまかったです。


ちょっと昔って、いいですね。
当時の様子を語れたり、体現できる人達がたくさんいて、その良さが直接伝わります。
「昔の方が良かった」とか言うつもりもありませんが、その良さは少しでも家づくりやまちづくりに活かしていきたいものです。

だけど、もう今年もあとわずかに‥。(石)
# by zzziyuu | 2006-12-20 18:29 | まちなみまちづくり
静岡県知事登録(3)第5214
e0102445_1983181.jpg
静岡事務所の設計事務所登録の更新を終えました。
登録番号は静岡県知事登録(3)第5214。
かっこ内の数字の“3”が更新回数を表します。
更新は5年ごと。
静岡に事務所を構えて、ちょうど10年です。

あっという間。
10周年のお祝いとかあるわけではないけれど、ちょっと、一区切りでしょうか。

でも、相変わらずバタバタ。
遅れてしまっている実施設計、まとめなければ‥。(石)
# by zzziyuu | 2006-12-16 18:44 | 事務所紹介
しずおかMOKUネット
「近くの山の木で家を建てる」、少し前はあたりまえのことでした。
以前のように、「家を建てるとあたりまのように地元の木が使われている」、そんなふうになればと、1年ほど前からしずおかMOKUネットの活動に参加しています。

「地元の木を活用する」ことをきっかけに、その地域に伝わる資源や知恵などを学びながら、家づくりに反映させていく。定期な勉強会やネットワークを通して、山のこと、木のこと、自然や環境のこと、素材や技術のこと、暮らしのことなどを学びながら、具体の家づくりにフィードバックできればと思っています。

写真は、打合せ、いや忘年会の様子。(石)

e0102445_13311643.jpge0102445_13312314.jpge0102445_13312921.jpg
忘年会(打合せ?)私も参加しました。
飲んで食べて笑ってまた飲んで・・・大事な話がぽつぽつと・・・という感じでした。
気さくな人達ばかりなので、一緒にいると色んな話が聞けて楽しかった。
仕事の内容は違えど「木の家」をつくりたいという目標は同じ。
継続は力なり・・・がんばりましょう。

ちなみに・・・真ん中の写真のお鍋は、塩ちゃんこ。ここの名物。
もうすでに半分食べてしまってからの写真・・・撮るのを忘れてしまうぐらい夢中で食べました。
最後はご飯と溶き卵でおじやに。さっぱりちゃんこ、おいしかったー。(鍋)
(お店は静岡駅の高架下にある「海山」)



e0102445_14113342.jpg2次会にも行きました。

「藍」

最近テレビにも出たらしいですが・・・。
店内は4畳半ほどにスペースにコの字型のカウンター。
みんなぎゅうぎゅうくっつきながら座って、お酒を飲む。
でもそれが楽しい。みんなの顔をみて話ができる、知らない人ともすぐ仲良くなれます。


e0102445_14142448.jpge0102445_14143074.jpge0102445_14143631.jpg

おでんといえば静岡おでん、でも藍は関西おでん。
藍のお母さんは、私はそっちの方が好きだから頑なに守ってるのよ・・・とニコニコ。
確かにダシが透き通ったおでんはやさしいお味。
他にもサイドメニューがいろいろ。
ながいも焼き(?)や、ちくわツナ入りロール(?)などなど・・・一度お試しあれ。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-12-14 13:05 | しずおかMOKUネット
裕福会
毎年この時期、大学の研究室のOB会が開かれます。
いつもは、青山や恵比寿といったこじゃれたところ(ちょっときゅうくつ)ですが、今年は千葉。
15~6年ぶりの大学でした。

e0102445_13513867.jpg


研修室は新しい建物に移ったため、オフィスのようです。
全館禁煙だとか。
かつては炊飯器持参で泊まり込みしていたヤツもいたけれど、もう無理のようです。
ただ、寝袋はいくつか見えましたが‥。

e0102445_13515379.jpg

今回は、学生の研究紹介もありました。
発表は建物同様スマートでしたが、地域に入り込んでいく地道な内容は好感が持てました。

久しぶりに会った先輩や後輩は、とりあえず皆元気。
少々飲み過ぎてしまった。

e0102445_13521734.jpg

それから、当時お世話になった北京亭や甘太郎は健在。
亀の湯は駐車場になっていました‥。(石)
# by zzziyuu | 2006-12-11 14:07 |  ・すてきな建物
上棟
e0102445_22346100.jpge0102445_2233450.jpg
昨日、無事、棟上げを迎えました。
いつものことですが、家の骨組みが組み上がって様子、大工の姿は圧巻。

図面に描いた家が、形になって表れます。
何度も何度もみんなで検討してきたけれど、納得した形になっているか、緊張する時です。


明日からのお天気具合が心配なので、休憩なしで屋根までまとめて上棟。
この時期は日が短かく、あたりが暗くなってからの上棟式になってしまいました。 
一区切りです。
ありがとうございます。(石)
# by zzziyuu | 2006-12-08 16:21 | 物語:かまたのいえ
もちのき
改修中のお家のもちの木。

e0102445_1314123.jpg

びっくりするほど大きい。
この家が創建当時に植えられたものだとすると、百年以上経つことに。
太い胴、うねる幹、ぼこぼこの根、 「生」・・・を感じさせます。これからも大事にしてほしい。

もちのきは常緑樹。
枝を切っても切っても生えてくる、強くて大きくなる木。
昔は、お金持ちになるという意味で植えられたそう。

すでに家より大きくなって、近所でも目立つ目立つ。
まさに、まちなみのシンボルツリーに。

これからさらに30年・・・50年・・・100年・・・この家とともに成長して、いったいどんな木になってしまうのか。


アフリカにあるバオバブの木を想像してしまった。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-12-07 14:04 | 古民家再生・リフォーム
新しいリアル展
e0102445_1541822.jpg先週、新宿へ行くことがあり、オペラシティで開かれていた伊東豊雄 建築/新しいリアル展に立ち寄りました。

インターネットでも概要が楽しめるので、クリックしてみて下さい。

どうでしょう?
へんてこな建物?
ちょっとワクワクします?
自由工房のつくり方とはだいぶ違います。

働き始めたばかりの頃、伊東さんの自邸(シルバーハット)を見学させていただいたことがあります。こちらが思い描いていた否定的なものとはだいぶ異なり、とても気持ちが良く、居心地が良かった。
以来、機会があれば設計された建物に足を運んでいます。

伊東さんが「建築は残らないけれど、人は残る」と言うのはちょっと意外でしたが、共感できました。(石)
# by zzziyuu | 2006-12-04 22:10 |  ・すてきな建物
古い家具
いま改修中の現場です。
新しくつくるおかっての収納として、古い家具を2棹、再利用しています。
写真はそれぞれ取り付いたところ。(工事中なので床には養生シートがはってあります)

e0102445_19151838.jpge0102445_19152690.jpg

何十年も衣類や布団などを入れてつかっていた奥行き90cm高さ170cmの家具を、上下にわけて、真ん中にモノが置けるようにしています(もともと分かれるタイプでした)。なかなかの存在感で、現場でも目を引きます。
経年変化か、触ったあぶらによって磨かれるのか、木は時間が経てば経つほど艶と年輪の深みがでますね。この表情は新材にいくら塗装をしてもだせません。形をかえて、これからまた何十年もつかってもらえる家具たち、よかったなぁ・・・がんばれよー。

実はこれが取り付くまでに職人さん達の大変なご苦労があったそうで・・・。
奥行きを短くするのに、最深の注意を払ってくれた建具屋さん、裏面の板の隙間を丁寧に埋めてくれた大工さん、おかげさまでいい家になりそうです。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-12-02 20:30 | 古民家再生・リフォーム
クリスマスツリー点灯式(青葉公園)

昨日、青葉公園で毎年恒例のクリスマスツリー点灯式がありました。

e0102445_1335551.jpg

午後6時頃、ゴスペルの音楽とともに始まり、点灯の瞬間、人々のおーっという歓声が。
私と石田さんも事務所の窓から見て、おーっと拍手。

e0102445_1336633.jpge0102445_13361113.jpg

この季節、青葉公園にイルミネーションが飾られますが、毎年少しずつ思考をこらしているよう。去年は青いLED(発光ダイオード)、今年は白いLEDで女神さんやペガサスの形をしたものも。毎年誰が考えるのかしら・・・?その年の担当者によって違うのかも。

e0102445_13361715.jpge0102445_13362448.jpg
仕事帰り常盤公園に向かって歩いていくと、ツリーと共にカラフルな演出も。
ひとりで見るとすこし寂しいので、誰かとご一緒にどうぞ。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-11-28 14:24 | もろもろ
実施設計の打合せと、おでん
e0102445_13394180.jpg実施設計のとりまとめが、佳境です。
2世帯、3世代6人が暮らす住まい。改修と新築の併用です。玄関やおかってなどは分離しないで、少しずつ家族の距離を保ちながら、みんながいっしょに暮らす住まいです。

写真は、日曜日の打ち合わせの様子。
図面と模型を囲みながら、ひとつずつ確認をしていきます。
実際に家が完成するまでに、決めなければならないことは膨大な量になります。その場でいきなり決断するなんて、無理。だから、時間をかけながら、みんなで話し合いながら、アイディアを出しながら、ひとつずつ、ひとつずつ決めていきます。(石)


e0102445_13402981.jpg打ち合わせ、私も同行しました。
午後2時からはじまって、終わったのは6時頃。大事にしている箪笥のこと、子供達の将来のこと、たくさんある本のこと・・家についての話は盛りだくさん。難しい問題にも直面して、みんなでうーん、うーん悩んだりも。時々、話がそれたりもして・・・・、楽しい時間でした。あとはそれを図面に起こすのみ・・・がんばります。

夕方おかってからおでんのだしのいい香りが・・・。「鍋田さん、少しもってく?」・・・頂きました・・・・。とってもおいしかった。とくに練り物とだいこんと牛スネとじゃがいもが・・・・心と身体に染みました。ホントごちそうさまでした。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-11-27 13:41 | 物語:やいづのいえ
基礎工事
すみません。
基礎工事の様子を紹介しようとしたのですが、用語事典みたいになってしまった‥‥。

e0102445_2272024.jpg■水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)
建物の基準高さと水平を確認する工事が水盛り。
水平を確認するのに、管に水を入れて確認していたことが語源だとか。
遣り方は、建物の配置を決定する工事。実際の建物の大きさより1mほど大きく杭を打って、内側に建物の形に糸を張っていきます。
ここで、建物配置の最終確認です。
この現場では、お施主さんと相談しながら、20センチほど配置を変更。

e0102445_2285963.jpg■根切り(ねぎり)、砕石敷き、転圧
鉄筋コンクリートの基礎を施工するために、地面を掘って、砕いた石(砕石)敷き固めていきます。湿気があがらないようにシートも。
■鉄筋工事
鉄筋を配筋してきます。鉄筋の太さ、配筋にピッチ、フックの有無、重ね幅、かぶり厚さ等を確認。
■設備配管工事
あわせて電気、ガス、水道設備の配線、配管を確認。

e0102445_2295713.jpg■コンクリート工事
コンクリートの配合等をチェックし、隙間なく充填されることを確認。




基礎は、建物が完成してしまうと見えなくなってしまいますが、建物全体を支えるとてもたいせつなものです。
その工事にも、たくさん職種、職人が係わっていきます。
それぞれの職人たちの丁寧な工事に感謝。(石)
# by zzziyuu | 2006-11-23 22:19 | 物語:かまたのいえ
おイモ

サツマイモを頂きました。きれいな紅色でいっこが大きい。

e0102445_20473195.jpge0102445_20472682.jpg

千葉産だそうです。
みかんに始まり、柿、りんご、洋ナシ、サツマイモ。
最近、事務所は秋満載。

じつは昨日、けんちん汁に入れて頂きました。ホクホクで甘くておいしかった。
Iさん、ごちそうさまでした。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-11-22 21:16 |  ・おいしいもの
紅葉 

 豊田市美術館の2階から外へ出て大池のまわりを歩いていると、数奇屋造りの美しい屋根を発見。立ち止まって眺めていると、立礼席茶席 一服 300円(お菓子付)の看板が・・・。嬉しくなって中に入ると、美しい苔庭に真っ赤に紅葉したモミジが目の前に。


e0102445_1245663.jpge0102445_12451251.jpg

モミジの赤がこんなに鮮やかだったとは。

まるで和菓子で出てくるモミジの色ですね。と着物を着たお店の方と話をしていると、抹茶とともにモミジを彩った和菓子がでてきました。日本人に生まれてよかった。

e0102445_12451732.jpge0102445_12452428.jpg


美術館の敷地内にある茶室「童子苑」。
「豊祥庵」という茶室もあり、お茶会が年に何回か開かれるそうです。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-11-21 13:23 |  ・すてきな建物
豊田市美術館
愛知県の豊田市美術館に行ってきました。
あいにく曇り空でしたが、久しぶりの遠出で楽しかった。


e0102445_13191938.jpge0102445_13192879.jpg

美しいの一言です。
水・石・光・・・・鉄・ガラス・木・・・・
すべてが線と面と幾何学的な形で構成された無機質な世界。


e0102445_13193544.jpge0102445_13194347.jpge0102445_13194991.jpg

設計は谷口建築設計研究所。
谷口さんワールドです。

建物の外と中に、誰かの遊び心がいくつかありました。
そういうものを密かに発見してひとりで喜んでました・・・。


e0102445_10553515.jpge0102445_10554350.jpge0102445_10554819.jpg

 図面をずっと書いていると、時々、頭がパンクしそうになることがあります。まさに頭から煙が出てくるような感じ。そんなときは気分転換。ボーっとしたり、散歩したり、おいしいもの食べたり・・・私の場合こういう時間の方が多いのですが・・・。 休みの日にたてもの探索に行くと、いい意味で刺激を受けて、また明日から頑張るぞーという気分になります。それにつき合わされている旦那さんは、またか・・・と休みのたびにどきどきしている様子・・・。

企画展も見てきました。
GARDENS ガーデンズ-小さな秘密の庭へ-
靴をぬいで寝転んで見る部屋、人形で遊べる部屋、水で遊べる展示など、変わっていて面白かったです。
12月24日までやっているそうです。(鍋)
# by zzziyuu | 2006-11-20 13:51 |  ・すてきな建物
地鎮祭
e0102445_21564072.jpg
17日に地鎮祭が行われました。
来年春の完成に向けてはじまる工事が、無事行われますように‥‥。



この日は大安で、お天気にも恵まれ、神主さんも3軒掛け持ちだったとか。(石)
# by zzziyuu | 2006-11-18 21:23 | 物語:かまたのいえ
「郡上八幡・町屋千軒」調査
e0102445_21365039.jpge0102445_2137011.jpg

e0102445_21532984.jpg
「郡上八幡」の名で親しまれる郡上市八幡町の町中には、千軒を越える古い町屋があります。
これら町屋をはじめとする歴史的な建物の価値や魅力を調べ、これからの保存や活用の手だてを探る調査に参加してきました。実測や痕跡調査、聞き取り調査等のお手伝いできたのは、千軒のうちのほんの2軒でしたが、お話しを伺ったおばあちゃんの話しが印象的でした。明治27年に先々代が購入してからの、家族の歴史を明るく楽しげに話してくれる姿は、とても暖かさを感じました。ちょっと仕事が忙しく、依頼を断ろうかとも思っていましたが、行って良かった。


また、調査のサポートをしていた工学院大学後藤研究室の学生は、この手の調査はおてのもので、頼もしかった。調査の姿を写真に撮り忘れ、紹介できないのがちょっと残念。


それから、この調査の委託を受けているマヌ都市建築研究所は、学生時代にアルバイトをさせてもらってからのおつきあいで、古い建物に係わるきっかけもマヌでした。まちづくりの取り組みは共感できる部分がたくさんあり、蒲原のまちづくりはいっしょに応援させてもらっています。(石)
# by zzziyuu | 2006-11-17 21:57 | まちなみまちづくり
宵まちギャラリーと夢二
お知らせです。

今週間末18日(土)18:00~20:00、蒲原の宿場内で「宵まちギャラリー」が開かれます。
年に1度だけの催しです。
これまで実際に住まわれている町屋の「みせの間」に、その家に伝わる懐かしい“お宝”を展示する「みせの間ギャラリー」として開かれていましたが、今年は時間を夜に移しました。
「みせの間」は町屋に入ると最初にある部屋で、蒲原の場合「店」と言うより「見せる間(玄関のような感じでしょうか)」だったようです。懐かしい“お宝”を住んでいる人たちが直接解説してくれますし、普段なかなか入ることのできない町屋の中で、その暮らし方を伺うこともできると思います。

蒲原の宿場は観光地化されていないため、とてもゆっくりとした時間が流れているように感じます。夕暮れ時の宿場は、ほんのり灯りがともり、夕食の仕度など暮らしの雰囲気が伝わってきます。
宿場を歩く時間帯で、とても好きな時間です。

e0102445_17584688.jpge0102445_1759016.jpg

e0102445_17595374.jpge0102445_1802536.jpg

写真は、以前行われた「みせの間ギャラリー」様子です。


また、18日~19日は、旧五十嵐邸で竹久夢二展が開かれています。宵まちギャラリーの時間帯は、お抹茶の無料サービスもあるようです。
お時間がある方は、ぜひ、訪ねてみて下さい。
旧五十嵐邸のHPでは、「ぜひ、お着物で」とあります。(石)
# by zzziyuu | 2006-11-14 18:14 | まちなみまちづくり
酒まんじゅう

またまた昨日石田さんが、最近お家が完成した登呂のKさんにおいしい酒まんじゅうを頂きました。
なぜおいしいか知っているかというと、もう食べちゃったからです。
写真の真ん中の列の、上が石田さん、下のあんが出てしまっているのが私・・・。

e0102445_17151372.jpg

おいしそうで我慢できなくて、写真を撮る前に手が出てしまいました。
酒と付くものは何でも好きな私、酒まんじゅう、とっても美味でした。
Kさんごちそうさまでした。 (鍋)
# by zzziyuu | 2006-11-13 17:33 |  ・おいしいもの
おいしい秋
昨日、石田さんが今新築工事中の清水のIさんから、柿とりんごと洋ナシを頂きました。

e0102445_1413382.jpg

本当はりんごがふたつあったそうですが、昨日、石田さんが食べちゃったそうです。
とってもおいしかったとニコニコでした。

e0102445_1415265.jpg
事務所中に秋のおいしい香りがひろがって、仕事中よだれがでそう。
お伝えできないのが残念。

e0102445_177839.jpg
このりんごは北海道産の原種で、ここから色んな種類のりんごが生み出されるそうです。
どんな味がするのかなぁ。  (鍋)
# by zzziyuu | 2006-11-13 14:28 |  ・おいしいもの
解体工事
e0102445_21192681.jpgちょうど、ブログの開始とともにはじまる建築工事があります。木造2階建、1階が仕事場になりますが、住宅です。

工事の記録として、少し紹介できればと思います。




まず、建築を建てる工事の前に行われるのが、それまでの住まいを壊す解体工事。
ゴミの分別回収と同じように、木材、金属、コンクリート、ガラス‥‥丁寧に分けながら壊していきます。


ただ、新しい家ができるとは言え、“壊す”ことは、家族のそこでのそれまでの暮らしを考えると、やはり、少し、せつなくなります。(石)
# by zzziyuu | 2006-11-11 20:34 | 物語:かまたのいえ
1年点検と住まいの文化賞

e0102445_20153091.jpge0102445_20154157.jpg
先週、ちょうど1年点検で長泉の家を訪ねました。

昨日紹介した“しずおかMOKUネット”の協力を得ながら、地元、富士山麓でとれた檜を土台、柱、梁といった構造材に利用した住宅です。床や壁の仕上げも自然素材を使用したため、クラックは入っていましたが、その気持ちよさは変わっていませんでした。とても丁寧に住んでくれていて、玄関周りをはじめ草花が増えていたり、気に入った家具がそろえられたりしていくと、だんだん住まい手の家になっているなぁと感じます。

実は、昨日、静岡県の住まいの文化賞の二次審査が長泉の家で行われました。10名を越える審査委員の方々が訪れ、いろいろな視点からこの家を見ていかれました。家は住んでいる人の様々な事情が背景にあるので、本来、簡単に評価されるものではないと思いますが、家づくりの楽しさや取り組みを紹介できればと思い、応募しました。(石)

e0102445_20873.jpge0102445_2082186.jpge0102445_208347.jpg
# by zzziyuu | 2006-11-10 20:36 | 家づくり
木の家づくり(地域材の利用)
e0102445_15155243.jpge0102445_1516090.jpg
 
昨日、県が主催する静岡県木造住宅振興研修会に行ってきました。
その中で、香川県で四国の山の木をまちに受け渡すシステムづくりを精力的に行っている戸塚元雄さんの講義は、特におもしろいものでした。
「良質な国産材住宅を、もっと簡単に手に入れることはできないか。」
この課題に応えようと、山の木材を規格化し、現し型家づくりの提案(真壁づくりの家ですね)。「木の家づくりの産業化」を目指し、設計を簡素化し生産期間を短縮、つかう木材の大きさも共通化させるなど、その徹底ぶりには同じ設計士として驚きました。「今、将来のために山に投資しておかないと、30~40年後には国産材の家はつくれなくなる。」と戸塚氏は言います。現在の国産材の値段は、将来の植林のための費用は含まれていないのです。

自由工房でも地域材を利用した家づくりのため、しずおかMOKUネットという活動をしています。
下の写真はその活動の様子です。家づくりのための勉強会も行っています。よかったらHPも見てください。(鍋)


e0102445_20273595.jpge0102445_20274850.jpge0102445_2028764.jpg
# by zzziyuu | 2006-11-09 16:39 | 家づくり
富士山
e0102445_18464750.jpg急に寒くなりました。
通勤途中に見える富士山です。
昨日からの寒さで、雪化粧もだいぶ広がったようです。
これから寒くなりますが、一番寒い時期、空気がピ-ンと張り詰めたなか眺める富士山は、迫力があります。

今日は、やや風邪ぎみです。
早めに帰ります。(石)
# by zzziyuu | 2006-11-08 18:28 |  ・富士山
建築家って何者?
e0102445_21412568.jpg
e0102445_21415941.jpg「建築家との家づくり」とか「設計事務所の仕事」など、以前に比べればだいぶ雑誌やテレビなどで紹介されるようになりました。
「でもよく分からない」とか、「ちょっと絵を書いて、工事費の1割も取るの?」とか、「設計事務所は敷居が高い」とか‥、よく耳にします。
ちょっと、おもしろく分かりやすいHP(JIA 日本建築家協会)があったので、紹介します。(石)



■いろんなタイプの建築家(設計士)がいます。







■その建築家(設計士)の仕事は‥


e0102445_21501525.jpge0102445_21502682.jpg
e0102445_21532981.jpg


■家族みんなの意見をまとめて   ⇒   ■ひとつの形(家)を導きだし   ⇒  ■詳細の設計図書をつくっていきます。


e0102445_21505234.jpge0102445_2151655.jpge0102445_21511661.jpg


■行政との調整を進めながら ⇒ ■工事を託す施工者を選定します。⇒ ■意図した家ができるよう工事の監理をします。
# by zzziyuu | 2006-11-06 21:49 | 家づくり
事務所のまわりは、大道芸!
今週末、静岡のまちなかでは“大道芸ワールドカップ”が開催されます。
今年で15回目を向かえ、200万人を超える人たちが訪れる大イベントになりました。
初めの頃は「こんな新しいイベントに力を入れるより、昔から伝わる地域に根ざした小さなお祭りに力を入れた方がいいのに」なんて思ってました。
けれど、15回も続くと根もはりだしていますよね。
こういうのも、いいものですね。(石)


e0102445_15111926.jpge0102445_1311423.jpge0102445_19422852.jpge0102445_202731.jpg


e0102445_19594388.jpge0102445_1533254.jpge0102445_1534160.jpg


e0102445_2061559.jpge0102445_2004436.jpge0102445_20144469.jpg


e0102445_1410189.jpge0102445_14102650.jpge0102445_14103763.jpg
# by zzziyuu | 2006-11-02 13:02 | もろもろ
佳境/バタバタ‥‥
11月はじめの完成に向け、家づくりの現場がバタバタしています。
大工さんにはじまり、塗装屋さん、左官屋さん、建具屋さん、家具屋さん、電気屋さん、空調屋さん、水道屋さん‥‥、家づくりに係わるいろいろな職人さんたちが入乱れ?、あわただしくなっています。


ゆとりを持った工期を心掛けていますが、規格化された工業製品を組み立てるのとは違い、その家、その家によってつくり方や納まりが異なるので、どうしても現場で対応する時間や手間がかかってしまいます。
でも、このバタバタ感、“現場ー”っていう感じがして、個人的には結構好きです。(石)

e0102445_13145419.jpge0102445_1315582.jpge0102445_13151436.jpg
# by zzziyuu | 2006-11-01 13:15 | 家づくり
「旧五十嵐邸を考える会」NPO法人認証、おめでとうございます。
e0102445_19265220.jpg

先週の土曜日、蒲原の旧五十嵐邸の活動を支える「旧五十嵐邸を考える会」の特定非営利活動法人認証祝賀会がありました。


静岡に事務所を構えた頃、蒲原のまちづくりにかかわる機会があり、それ以来、会の活動や活動を支えるおばちゃんたちが魅力的で応援しています。お祝い会の様子をお知らせしようかと思いましたが、ちょっと懐かしくて資料を見ていたら、改修前の実測調査をしていた頃の写真がありましたので、そちらを紹介します。お祝い会の様子等は後日に‥‥。(石)

e0102445_18464137.jpge0102445_18465465.jpg
e0102445_1847493.jpge0102445_1847223.jpg
e0102445_18473344.jpge0102445_18474960.jpg
# by zzziyuu | 2006-10-31 15:21 | まちなみまちづくり